スポンサードリンク
2009年03月22日

『スタフ王の野蛮な狩り』の感想

スタフ王の野蛮な狩り』というソビエト映画があります。
当時はアンドレイ・タルコフスキー監督が活躍していた時期で、あまり日本では注目されませんでしたが、隠れた名作だと思います。

舞台は19世紀末のロシアの片田舎。魔女が本気で信じられていた時代です。
でも、真実は人間の欲深さの成せる業なのでした。

この映画には多くの印象的なシーンが登場します。

馬車から手を振る貴婦人、これがなぜ印象的なのかは映画を見てもらわないとわかりません。
人形劇のシーン、真実を語ろうとした青年が撃たれて倒れるシーン、城の中の女城主の魔女の儀式、子供の家、いつも床が水浸しの城、
様々なシーンがイマジネーションとして強烈に脳裏に焼き付けられます。

スタフ王の野蛮な狩り

最終的に一番恐ろしいのは人間の心の欲深さということを描いてる作品だと思います。

映画ファンなら1度は見ておくべき作品だと思います。

あの当時のソビエトでよくこの映画を撮れたと感心します。

一度、NHK-BSで放送されたことがありましたが、サイズが4:3のテレビサイズにトリミングされていて残念でした。
16:9のサイズで見ないと構図や背景がよくわからないと思います。

スタフ王の野蛮な狩り
(ヴァレーリー・ルビンチク監督/1979年/109分/カラー/35ミリ/ベラルーシフィルム製作)
19世紀末、民俗学者が迷い込んだ古い館には、17世紀農奴制改革を訴えた、白ロシアに語り継がれる
農民の英雄「スタフ王」を暗殺した領主の末裔が住んでいた。妖しい祈祷、次々と起こる不思議な出来事…。
フォーク・ロアをめぐる怪奇と幻想のサスペンス。
posted by ガンダルフ at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
2008年07月21日

衛星映画劇場『カプリコン・1』7月25日(金)午前0:55より放送

「アポロ11号は月に着陸していない」という都市伝説が今も根強く存在しますが、『カプリコン・1』は舞台を火星に置き換えて、NASAの月着陸疑惑について扱った映画とも言えそうです。

※ネタバレ注意

NASAの有人火星探査計画は、実は真赤な偽物でスタジオ撮影されたフェイクだったというストーリーの映画です。
SF映画というよりも、国家ぐるみの偽造というサスペンス映画になっています。
ジェリー・ゴールドスミスの音楽も映画を盛り上げます。

カプリコン・1
カプリコン・1 DVD

衛星映画劇場 カプリコン・1 1977年・アメリカ CAPRICORN ONE
7月25日(金) 午前0:55〜2:59 (24日深夜)

史上初の有人火星宇宙船カプリコン・1をめぐるNASAの陰謀に巻き込まれた3人の宇宙飛行士たちを描くサスペンス・アクション。発射5分前、ひそかに船内から連れ出された宇宙飛行士たち。宇宙船の故障を発見したものの、この期に及んで打ち上げは中止できないと判断したNASAの幹部から火星着陸成功という世紀の大芝居を打つことを要求されるが、やがて船が爆発。3人が生きていてはまずい状況になり・・・。
<作品情報> 
(原題:CAPRICORN ONE)
〔製作〕ポール・N・ラザルス3世
〔監督・脚本〕ピーター・ハイアムズ
〔撮影〕ビル・バトラー
〔音楽〕ジェリー・ゴールドスミス
〔出演〕エリオット・グールド、ジェームズ・ブローリン、ブレンダ・バッカロ ほか
(1977年・アメリカ)〔英語/字幕スーパー/カラー/レターボックス・サイズ〕
posted by ガンダルフ at 17:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

衛星映画劇場 『トランザム7000』今夜放送!

NHK-BS2衛星映画劇場で今夜0:50より放送の『トランザム7000』は植木等の『無責任』シリーズのように明るい雰囲気が特徴の映画です。
トランザム7000』が作られた70年代はベトナム戦争などもあり『俺たちに明日はない』、『イージー・ライダー』、『カッコーの巣の上で』『タクシードライバー』などアメリカン・ニューシネマが台頭した時代でもありました。
どちらかといえば暗い雰囲気の映画が多かった70年代に高度成長時代の日本かバブル経済時代のような明るい雰囲気の映画をなぜハル・ニーダム監督は撮れたのでしょうか?
おそらくはハル・ニーダム監督の天性の根明な性格が作品に影響を与えてるものと思われます。
ハル・ニーダム監督はこの『トランザム7000』と『キャノンボール』の2本の脚本から派生した映画しか撮らず(撮れず?)、最近はあまり見かけなくなりましたが、シリーズ最初の作品の『トランザム7000』はカーアクションコメディ映画として完成度の高い作品に仕上がってると思います。
スタントマンから役者になったバート・レイノルズもこの作品から一気にブレイクしました。

トランザム7000
【ポイント3倍★22日am9:59迄】[枚数限定][限定版]トランザム7000/バート・レイノルズ[DVD]

衛星映画劇場 トランザム7000 1977年・アメリカ SMOKEY AND THE BANDIT
7月22日(火) 午前0:50〜2:27 (21日深夜)

州外持ち出し禁止のテキサス産ビールを28時間以内にアトランタまで運べば8万ドルという話に乗ったトラック運転手バンディットの往復約3千キロの旅を豪快に描くカー・アクション。結婚式から逃げ出してきた花嫁を帰り道で拾ったバンディット。彼女の花むこの父親がテキサスの保安官だったため、何台ものパトカーに追われるハメに。スタントマン出身で「キャノンボール」などを手がけたハル・ニーダムの監督デビュー作。
<作品情報>
(原題:Smokey and the Bandit)
〔製作〕モート・エンゲルバーグ
〔監督・原案〕ハル・ニーダム
〔原案〕ロバート・L・レヴィ
〔脚本〕ジェームズ・リー・バレット、チャールズ・シャイアー、アラン・マンデル
〔撮影〕ボビー・バーン
〔音楽〕ビル・ジャスティス、ジェリー・リード
〔出演〕バート・レイノルズ、サリー・フィールド、ジェリー・リード、ジャッキー・グリーソン ほか
(1977年・アメリカ)〔英語/字幕スーパー/カラー/レターボックス・サイズ〕
posted by ガンダルフ at 17:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
2008年03月29日

元アイドルの裕木奈江と田村英里子

元アイドルの裕木奈江と、こちらも元アイドルの田村英里子、日本ではすっかり芸能界から消えて名前さえ知らない中高生も多いと思う。
芸能界引退したかと思ったら、ところがどっこいハリウッドで活動してました。

裕木奈江(ゆうき なえ)は、クリント・イーストウッド監督の『硫黄島からの手紙』に、ジャニーズのアイドルグループ、嵐のメンバー二宮和也(にのみや かずなり)演じる西郷昇陸軍一等兵の妻花子役で出演。
それはいいんですけど、1983年6月17日生まれの二宮和也24歳、1970年5月12日生まれの裕木奈江38歳。一回り以上歳の離れた夫婦役って一体?
しかも、映画を見て特に何も違和感ないし(笑)

更にはデビッド・リンチ(デヴィッド・リンチ)監督の『インランド・エンパイア』に、裕木奈江曰く「日本人のエキストラを探していると聞き、監督に会いに行ったら、私を見るなり『映像が浮かんだ!』と、東洋人のホー●レス役をオファーされました」と、いきなり台詞のある役で出演。ラストのほうのシーンで独特の存在感を出してます。

一方の元アイドル田村英里子(たむら えりこ)は、アメリカの人気ドラマ『HEROES/ヒーローズ』に日本人俳優マシ・オカが演じるテレポート能力を持つヒロ・ナカムラの恋人役で出演が決定。

マシ・オカは本名「岡 政偉」(おかまさより)、IQ189の天才で、1997年にジョージ・ルーカスが特殊効果開発のために設立したインダストリアル・ライト&マジック (ILM) 社のサンフランシスコにある研究開発部門に就職。
その後、なぜか役者としての演技の練習を続け、『HEROES/ヒーローズ』出演に至りました。

マシ・オカは1974年12月27日生まれ、田村英里子は1973年1月16日生まれの35歳。
・・・いちおう歳は釣り合ってるのですね。
欧米人から見て日本人は若く見えるというけど、若作りな二人です(汗)





posted by ガンダルフ at 15:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
2008年02月08日

『お姉チャンバラ』実写映画化!

水着美女がゾンビとバトルするという斬新な(?)アクションゲーム『お姉チャンバラ』が実写映画化された。
2008年4月下旬より、渋谷Q-AXシネマ・シネマート新宿ほか全国順次公開予定。
お姉チャンバラ』は、最近はプレステ以外にWiiでも移植されている。

お姉チャンバラ

お姉チャンバラ』映画公式サイト

お姉チャンバラ』映画の主演は乙黒えり、中村知世、橋本愛実の3名、福田陽平監督作品。

    

    
posted by ガンダルフ at 09:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
2007年12月23日

レイ・ハリーハウゼン コンプリート・コレクション DVD-BOX

レイ・ハリーハウゼン コンプリート・コレクション

レイ・ハリーハウゼンの生み出す魔法、まるで生きてるように人形が動きまわるSF映画のコレクション。
ロバート・ロドリゲス監督の『スパイキッズ2』にもレイ・ハリーハウゼンのオマージュともいうべきモンスター達が登場する。
のちの欧米や日本の特撮マン達に与えた影響ははかりしれない。
人間が怪獣の着ぐるみの中に入ったり、CGで作るモンスターとはまた違う動きの温かみのある味がたまらない。
現在でもNHKの粘土アニメの「ニャッキ!」など、人間が手で動かすアニメがなくならないのは、その温かみのある動きの持つ魅力に人々が惹かれるからだろうと思う。
一つ目の巨人やメデューサや髑髏の兵士達、全てまとめて見れるのはこの機会しかない!

posted by ガンダルフ at 09:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

【初回限定生産】スタンリー・キューブリック コレクション(10枚組み) DVD-BOX

【初回限定生産】スタンリー・キューブリック コレクション(10枚組み)

世界の巨匠、天才映画監督スタンリー・キューブリック監督の集大成!
本当は発音はクーブリックのほうが原音に近いんだけど、それはともかく『2001年 宇宙の旅』が1968年公開、約40年前というのが信じられない。
今見ても全く古さを感じさせないというか、むしろ先をいってる。天才というのはこういう人を呼ぶのだなと思う。
『A.I』もクーブリック監督が製作を準備してたみたいで、スピルバーグではなくてクーブリックの『A.I』を見たかった。
クーブリック監督の作品に共通するテーマは「コミュニケーションの失敗」で、それが全ての物語の引き金になってる。
『スパルタカス』は映画のラストシーンがクーブリック監督の意向に沿わないという理由で作品リストからは外されている。クーブリックはハッピーエンドは望んでいなかったらしい。そういう意味で『A.I』は違うと思う。

posted by ガンダルフ at 09:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

「空飛ぶモンティ・パイソン」“日本語吹替復活”DVD BOX

「空飛ぶモンティ・パイソン」“日本語吹替復活”DVD BOX

LDを持っていて10回は見た『未来世紀ブラジル』のテリー・ギリアム監督のデビュー作、イギリスの国営放送BBCで放送された伝説のコメディーです。
ビートたけしは『オレたちひょうきん族』でモンティ・パイソンを目指してたらしい。
いまNHKでも『サラリーマンNEO』というかなりぶっとんだ内容のバラエティー番組を放送してるけど『モンティ・パイソン』を意識した部分もあるのかもしれない。
『ひょうきん族』との大きな違いは『モンティ・パイソン』は台本通りに演じられてアドリブは皆無だったということ。きっちりと作りこまれたギャクだったというのが驚く。テリー・ギリアム監督の原点を見たい。

posted by ガンダルフ at 09:40 | Comment(2) | TrackBack(1) | 映画