スポンサードリンク
2008年12月15日

『イノセント・ラヴ』の感想と視聴率、堀北真希・北川悠仁・香椎由宇・福士誠治・成宮寛貴

●『イノセント・ラヴ』の感想 ※ネタバレ注意

佳音「あたし、本当は・・・」
殉也「大丈夫、僕は何を聞いても驚かないよ。
僕はこの手を離さないから。
ずっと一緒にいるよ。
あってめてあげる」

こうして二人は大人の関係に。

それ以前からそうなってもおかしくはない状況だったけど。
佳音ちゃんから殉也に愛の告白をしたり、ひとつ屋根の下、一緒に住んでいたり、むしろそういう関係にならないほうが不自然。

また都合良いタイミングで、アパートにホラーな兄登場。
なぜドアに鍵をかけてないかな?
毎回、不法侵入だよ、このドラマは(^◇^;)

記者の池田はもはや出番なし。

なんかご都合主義的に兄が犯人とわかる。
佳音ちゃんの記憶は一体どうなってるんだ?

殉也「さよなら聖花」

聖花はめんどくさい女だなー。
なぜ今になって殉也が好きとか考えるかな?

てゆうか、聖花が式場に入ってきた段階で誰か聖花に気付け。
聖花を野放しにするな。


メイドの家事代行、家政婦コース

●『イノセント・ラヴ』のあらすじ

 佳音(堀北真希)は、殉也(北川悠仁)に別れを告げ、故郷の長野に向かった。佳音に関する記事が、週刊時潮に掲載されたことが原因だった。それは、週刊時潮の記者・池田(豊原功補)が、掲載を諦めて破棄したはずの原稿だった。佳音は、兄・耀司(福士誠治)に面会を求め、6年前の事件のことをすべて思い出した、と告げる。さらに佳音は、付き添いの刑務官・藤堂(二階堂智)に、両親をやったのは自分だと訴えた。耀司は、必死にそれを否定した。佳音が帰った後、藤堂に頼み込んでこっそり週刊時潮の記事の切り抜きを手に入れた耀司は、激しい怒りに震えた。 同じころ、殉也は、佳音を追いかけて長野に向かう準備をしていた。そこにやってきた美月(香椎由宇)は、殉也が長野に向かおうとしていることを知ると、彼を部屋に閉じ込めて外から鍵をかけてしまう。殉也は、そんな美月に、子どもっぽいことをするのはやめろと訴えた。すると美月は、人には悪意があることを考えたことはないのか、などと言って、ドアの隙間から週刊時潮を押し込んで殉也に見せる。 殉也は、その記事にショックを受けながらも、佳音に会いに行こうとする。佳音には味方がいないのだから自分が行かなければならない、というのだ。美月は、そんな殉也に対して、いままでの思いをぶつける。 一方、佳音は、池田に連絡をとり、両親をやったのは自分だと告白するが…。

●『イノセント・ラヴ』のキャスト

秋山佳音(19) - 堀北真希
長崎殉也(28) - 北川悠仁(ゆず)
桜井美月(23) - 香椎由宇
秋山耀司(24) - 福士誠治
瀬川昴(28) - 成宮寛貴
義道神父(53) - 内藤剛志(特別出演)
遠野聖花(28) - 内田有紀
池田次郎(43) - 豊原功補

※役者さんの実年齢とドラマ上の年齢は微妙に異なります。

●『イノセント・ラヴ』の視聴率

第1話 2008年10月20日 「残酷な運命と闘う…新しい私の始まり…」16.9%
第2話 2008年10月27日 「衝撃の一夜」13.3%
第3話 2008年11月3日 「引き裂かれた絆」13.1%
第4話 2008年11月10日 「幸せの兆し」11.7%
第5話 2008年11月17日 「救いの手」11.7%
第6話 2008年11月24日 「深まる絆」12.6%
第7話 2008年12月1日 「動き出す」13.4%
第8話 2008年12月8日 「走り出す」12.8%
第9話 2008年12月15日 「涙の最終」


【どれでもカレンダー2点で送料無料!】堀北真希 2009年版カレンダー


S 堀北真希写真集


宇多田ヒカル / HEART STATION
posted by ガンダルフ at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(20) | テレビドラマ
2008年12月08日

『イノセント・ラヴ』の感想と視聴率、堀北真希・北川悠仁・香椎由宇・福士誠治・成宮寛貴

●『イノセント・ラヴ』の感想 ※ネタバレ注意

桜井美月(香椎由宇)ようやく出番が回ってきた!
もともと最初からかなり壊れたキャラだったから、本領発揮といったところ。

殉也「聖花を愛してるの?」
昴「うん」
殉也「だったら聖花も幸せだな。ありがとう」

確かに聖花の幸せを考えたら、そうかもしれないけど・・・。

池田「昔、取材対象を死なせたんです。俺も同罪ですよ。人は真実に復讐されるんだ」

佳音ちゃんケータイ替えたらいいのに。

聖花のいないベッドを見つめる殉也。
激昂するなんて珍しい。

佳音ちゃんが殉也をデートに誘い出す。

びっくり箱で一瞬笑顔を取り戻すが、思い出の赤い風船を見て涙を流す殉也。

殉也「なんでここにいるんだ?なんで俺に優しくするんだ?
わからない。君の気持ちが全然わからない」

佳音「だって、ずっと殉也さんと一緒にいて、殉也さんを愛さずにいられる人なんていません」

複雑な二重否定の告白。佳音ちゃんらしいといえばらしい。

殉也「佳音ちゃん」

ピアノに向かって作曲する殉也。

殉也「曲を書いてみたんだ。この曲は佳音ちゃんのために書いたんだ。佳音ちゃん、ありがとう」

佳音「もう一回、弾いてもらえますか?」

殉也「どこにも行かないで、ここにずっといて欲しいんだ。そうして欲しい」

間接的プロポーズ?

佳音「はい」

記者の池田はもういいんじゃないか?

って、編集長がゴミ箱から原稿拾ってるし。池田、不注意すぎ!

あーあ、佳音ちゃんの封印された記憶が・・・。
思い出さなくていいことを。


メイドの家事代行、家政婦コース

●『イノセント・ラヴ』のあらすじ

佳音(堀北真希)は、聖花(内田有紀)が家を出て行ったことにショックを受けている殉也(北川悠仁)を心配していた。聖花は、昴(成宮寛貴)のもとを離れず、殉也の家に戻ってくる様子はなかった。 同じころ、池田(豊原功補)は、佳音のPTSDを治療した心療内科医・山本(山本圭)を訪ねていた。山本は、これ以上、佳音の過去を探るのは止めるよう池田に忠告した。すると池田は、かつて自分が取材をしたある事件の話を始める。 教会を訪れた殉也は、美月(香椎由宇)や義道神父(内藤剛志)に、徘徊がひどくなって手に負えなくなった聖花を施設に預けた、と嘘をつく。だが、言い訳のように聖花を世話する苦労話を並べているうちに、ふと聖花のことが心配になってきた殉也は、昴の家まで様子を見に行く。そこで殉也が目にしたのは、昴に笑顔を見せる聖花の姿だった。 一方、殉也の家を訪れた美月は、佳音が一緒に住んでいることを知って驚く。そこに殉也が戻ってくる。すると美月は殉也が佳音と一緒にいることを聖花は嫌がっていたのではないか、などと言い放って帰っていく。殉也は、美月の言葉を気にする必要はない、と佳音に言葉をかけた。しかし・・・。

●『イノセント・ラヴ』のキャスト

秋山佳音(19) - 堀北真希
長崎殉也(28) - 北川悠仁(ゆず)
桜井美月(23) - 香椎由宇
秋山耀司(24) - 福士誠治
瀬川昴(28) - 成宮寛貴
義道神父(53) - 内藤剛志(特別出演)
遠野聖花(28) - 内田有紀
池田次郎(43) - 豊原功補

※役者さんの実年齢とドラマ上の年齢は微妙に異なります。

●『イノセント・ラヴ』の視聴率

第1話 2008年10月20日 「残酷な運命と闘う…新しい私の始まり…」16.9%
第2話 2008年10月27日 「衝撃の一夜」13.3%
第3話 2008年11月3日 「引き裂かれた絆」13.1%
第4話 2008年11月10日 「幸せの兆し」11.7%
第5話 2008年11月17日 「救いの手」11.7%
第6話 2008年11月24日 「深まる絆」12.6%
第7話 2008年12月1日 「動き出す」13.4%
第8話 2008年12月8日 「走り出す」


【どれでもカレンダー2点で送料無料!】堀北真希 2009年版カレンダー


S 堀北真希写真集


宇多田ヒカル / HEART STATION
posted by ガンダルフ at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(14) | テレビドラマ
2008年12月07日

『ブラッディ・マンデイ』の感想と視聴率

●『ブラッディ・マンデイ』の感想

どうして、テ○リストに狙われる実家から引っ越さないかな?

浄水場に突入するとき、あいかわらずサードアイの連中はガスマスクをしないし・・・。

ラストでは、J(成宮寛貴)が高木藤丸(三浦春馬)の家にあがりこんで、妹とトランプをしてる始末。

サードアイは一体、何を警備してるんだ?

それに、妹もなぜJを家にあげる?

相変わらず、ストーリーが意味不明です。

●『ブラッディ・マンデイ』のあらすじ

学校に潜んでいたテ○リストとの格闘の末、藤丸(三浦春馬)たちはついに抗ウイルス剤を手に入れる。しかし発症の早かった英(久野雅弘)はそれを接種する事が出来ずに息絶えてしまう。藤丸は、英を死なせてしまったのは全部自分のせいだと、悲しみに打ちひしがれ失意のどん底に…。

一方、拘置所を襲撃し教祖・神島紫門(嶋田久作)の奪還に成功したJ(成宮寛貴)らテロ集団は、最凶最悪のウイルステロ計画「ブラッディ・マンデイ」を実行に移すべく動き出す。
友の死を乗り越え、戦う意を決した藤丸は「THIRD-i(サード・アイ)」と協力してテロリストへと立ち向かっていく。"最後の月曜日"、藤丸は仲間を、東京を、地球を救うことが出来るのか。
そしてまたひとつ、Jによって明かされた真実が、藤丸を追いつめていく…。

●『ブラッディ・マンデイ』のキャスト

高木藤丸:三浦春馬
折原マヤ:吉瀬美智子
九条音弥:佐藤健
加納生馬:松重豊
宝生小百合:片瀬那奈
南海かおる:芦名星
敷村壮介:神保悟志
日景潔:並樹史朗
朝田あおい:藤井美菜
高木遙:川島海荷
安斎真子:徳永えり
立川英:久野雅弘
神島紫門:嶋田久作
高木竜之介:田中哲司
霧島悟郎:吉沢悠
工藤明:久保田将至
苑麻孝雄:中原丈雄
沖田耕一:工藤俊作
澤北美姫:阿南敦子
船木勘助:蛍雪次朗
伊庭刑事:尾崎右宗
J:成宮寛貴
出門丈一TET
富永京子:宮澤美保
城田学:滝藤賢一
石川看守:野間口徹
浅倉看守:佐伯新
黒崎所長:山中敦史
安田由紀子:江口のりこ

●『ブラッディ・マンデイ』の視聴率

第1話 2008年10月11日 「日本最後の日! 1人の命か!? 4万人の命か!?
最凶ウイルステロの陰謀と伝説の天才ハッカーの闘いがいよいよ今夜はじまる!!」11.4%
第2話 2008年10月18日 「ウイルス●ロついに勃発!! 迫り来る日本最後の日!!」11.4%
第3話 2008年10月25日 「裏切り者は誰だ!? 味方に潜む敵の影!! テ●首謀者・現る」11.3%
第4話 2008年11月1日 「裏切りと悲劇の女!!明らかになる日本壊滅」集計中
第5話 2008年11月8日 「東京壊滅!?現れた首謀者との生死を懸けた対決!!」12.2%
第6話 2008年11月15日 「日本最後の日!?破壊と滅亡、そして父の真相が明らかに」11.6%
第7話 2008年11月22日 「全貌が今夜明らかに!!非情な計画が日本を襲う!!」11.9%
第8話 2008年11月29日 「遂に大量感染!?大脱走計画の全貌」10.1%
第9話 2008年12月6日 「最終章!!神が与えし教祖の死、そして最後の月曜へ」集計中


【カレンダー】【10%OFF!!】2009年カレンダー 三浦春馬/三浦春馬


DVD 恋空 プレミアム・エディション


ごくせん スペシャル さよなら3年D組…ヤンクミ涙の卒業式(DVD) ◆20%OFF!
posted by ガンダルフ at 23:23 | Comment(0) | TrackBack(14) | テレビドラマ

『流星の絆』の感想と視聴率・二宮和也・錦戸亮・戸田恵梨香

●『流星の絆』の感想 ※ネタバレ注意

有明功一(二宮和也)と戸神行成(要 潤)の会話シーン。
林ジョージ(尾美としのり)の台詞のない顔芸の熱演が光ってました。

有明静奈(戸田恵梨香)が訪れた戸神家での会話。
静奈にプレゼントを渡そうとする戸神貴美子(森下愛子)。

戸神行成「変なものじゃないの?」
戸神貴美子「そうなの、ヌーブラなの。って、バカ!」

凄いノリツッコミだ!アヒャヒャヒャヒャ ヘ(゚∀゚ヘ)(ノ゚∀゚)ノ ヒャヒャヒャヒャ

有明功一(二宮和也)と柏原康孝(三浦友和)の喫茶店「ジョージ・クルーニー」内での会話シーン。

柏原「犯人わかったらどうする?」
功一「ころしますね。柏原さんは?」
柏原「え?」
功一「刑事じゃなかったらどうします?」
柏原「ころすね。一応それ位の覚悟でやってる」

そして、高山の魔の手から静奈を救う行成。
その手にはあのレシピノートが・・・。

●『流星の絆』のあらすじ

 功一 (二宮和也) は、最後にして最大の計画を実行する日を待っていた。警察が、戸神政行 (柄本明) を疑うように、父・幸博 (寺島進) の形見であるレシピノートを戸神の家に置いてくるという難しい作戦だ。この作戦が成功すれば、政行は逮捕されるはずだが、失敗すれば自分たちの立場がまずくなる可能性もある。

静奈 (戸田恵梨香) が 行成 (要潤) との食事から帰ってきた。別れを告げたにも関わらず、行成から自宅に招待されたらしい。レシピノートを戸神の家に隠す絶好のチャンスだと静奈は言うが、仇の息子に本気で惹かれていることに気付いている功一と 泰輔 (錦戸亮) は、妹が計画を冷静に実行できるか不安になる。

ある日曜日。刑事の 柏原 (三浦友和) と 萩村 (設楽統) は戸神の自宅を訪れた。車から押収されたお菓子の缶、「アリアケ7周年」 の刻印が入った腕時計などを政行に確認させるためだ。それらの遺留品は、かつて 「とがみ亭」 だった古本屋から盗まれた疑いが強いものだった。時効間際で犯人逮捕に必死なのだが、政行はその腕時計に見覚えがなく、洋食屋 「アリアケ」 もまったく知らないと言う。

そしてついに静奈が行成の家に招かれる日がやって来た。家には母の 貴美子 (森下愛子) と行成の二人が待っているという。功一はビニール袋に入れたレシピノートを静奈に手渡し、くれぐれも気をつけるように言い含め、複雑な思いで泰輔と二人で静奈を見送るのだった。

しばらくして泰輔の携帯電話が鳴った。柏原からだ。これから戸神の家に乗り込むから、泰輔に戸神の顔を見て確認してほしいと言う。よりによってなぜこんな日に !? 功一と泰輔は必死に嘘をつき、どうにか柏原を戸神邸から遠ざけることに成功するが、静奈が突然帰宅した政行にハヤシライスのことを質問されて……。

●『流星の絆』のキャスト

有明功一 … 二宮和也
有明泰輔 … 錦戸 亮
有明静奈 … 戸田恵梨香
戸神行成 … 要 潤
林ジョージ … 尾美としのり
萩村信二 … 設楽 統
(バナナマン)
コウイチ … 斎藤隆成
タイスケ … 嘉数一星
シズナ … 熊田聖亜
戸神政行 … 柄本 明
  *
サギ … 中島美嘉
  *  
高山久伸 … 桐谷健太
桂木美和 … 池津祥子
一矢 … 杉浦太陽
  *  
有明塔子 … りょう
有明幸博 … 寺島 進
  *  
柏原康孝 … 三浦友和

●『流星の絆』の視聴率

第1話 2008年10月17日 「東野圭吾×宮藤官九郎! 涙の1ミステリー感動大作」21.2%
第2話 2008年10月24日 「傘と似顔絵と謎の女」17.3%
第3話 2008年10月31日 「親の秘密とハヤシの王子様」15.0%
第4話 2008年11月7日 「真犯人と繋がった記憶」15.6%
第5話 2008年11月14日 「仇の息子と盗まれた味」15.1%
第6話 2008年11月21日 「本当の兄妹じゃない」14.8%
第7話 2008年11月28日 「妹は仇の息子に惚れてるよ」14.5%
第8話 2008年12月05日 「妹の正体と追いつめられた真犯人」集計中
posted by ガンダルフ at 08:13 | Comment(0) | TrackBack(15) | テレビドラマ

『チーム・バチスタの栄光』#08の感想と視聴率

●『チーム・バチスタの栄光』#08の感想 ※ネタバレ注意

桐生恭一(伊原剛志)は、 鳴海 涼(宮川大輔)にチーム・バチスタは解散、鳴海はもう必要ないと告げる。
鳴海「義兄さん!」
鳴海に、アメリカに帰りたければ帰ってもいいと言う桐生。

いまいち二人の関係が見えてこないというか、どういう絆があるのか?

子供では失敗していないバチスタ手術、理由は氷室(城田優)が特殊な器具を子供にはサイズが合わなくて使えなかったから。

子供の患者の容体が急変、急きょバチスタ手術を行うことに。

バチスタ手術に参加しないことを桐生に伝える鳴海。
「義兄さん」から「桐生先生」に呼び名が変わっている。

呼び方で精神的な決別を表現してる模様。

手術室で心臓にメスを入れようとして手が止まる桐生。

なぜに?

鳴海が手術に参加しないことで、なぜ桐生の手が止まる?

田口(伊藤淳史)と白鳥(仲村トオル)は、氷室(城田優)のダイイングメッセージにあったケース27のビデオを調べようとする。

ケース27に一体何があったのか?

●『チーム・バチスタの栄光』#08あらすじ

 桐生(伊原剛志)はチーム・バチスタを解散して、オペはしないと宣言。東城医大付属病院では現在、村本カナ(金澤美穂)という14歳の少女が桐生のバチスタ手術を待っており、酒井(鈴木裕樹)や鳴海(宮川大輔)は反対するが、桐生の意志は固かった。 一方、田口(伊藤淳史)と白鳥(仲村トオル)は氷室(城田優)が遺したメッセージを頼りにケース27について調べ始める。すると、医療器具は研修医でなく羽場(戸田昌宏)が準備していたことが判明するが、羽場は器具への細工を否定。一方、白鳥に氷室が死ぬ前にかけてきた電話について聞かれた直美(釈由美子)は、少しためらった後、メッセージは残っていなかったと答える。さらに垣谷(鶴見辰吾)もやたらと不運が重なったケースだったと証言する。 チームが解散すると聞いた田口が桐生のもとを訪れると、桐生はカナの手術も断ると言う。苦しんでいる患者を目の前に自らが執刀しないことに悩み苦しむ桐生はその後、部屋に入ってきた鳴海にアメリカに帰りたければ帰ってもいいと、ペアの解消を言い渡すが・・・。

●『チーム・バチスタの栄光』キャスト

田口公平(心療内科医) - 伊藤淳史
白鳥圭輔(厚生労働省・大臣官房秘書課付技官) - 仲村トオル

チーム・バチスタ

桐生恭一(執刀医) - 伊原剛志
鳴海 涼(病理医) - 宮川大輔
大友直美(器械出し) - 釈由美子
氷室貢一郎(麻酔科医) - 城田優
垣谷雄次(第一助手) - 鶴見辰吾
酒井利樹(第二助手) - 鈴木裕樹
羽場貴之(臨床工学技士) - 戸田昌宏

東城大学医学部付属病院関係者

藤原真琴(特別愁訴外来看護師) - 名取裕子
高階権太(病院長) - 林隆三
宮原加奈子 - ちすん
星野響子 - うえむらちか
黒崎誠一郎(心臓血管外科教授) - 榎木孝明
田口家

田口周蔵(祖父) - 横山あきお
田口翠(田口公平の妹/長女) - 彩木里紗
田口茜(田口公平の妹/次女) - 石井美絵子

喫茶店「BEANS FARM」

岸川保(マスター) - 木下ほうか
岸川マリ(ママ) - 奥貫薫

●『チーム・バチスタの栄光』視聴率

第1話 2008年10月14日 「医療ミスか? 殺人か!? 謎」15.2%
第2話 2008年10月21日 「アクティヴ・フェーズ(能動的調査)VSパッシヴ・フェーズ(受動的調査)噂」11.7%
第3話 2008年10月28日 「麻酔科医の告白 絆」12.5%
第4話 2008年11月4日 「エリートのプライドと弱点 望」12.2%
第5話 2008年11月11日 「犯人の目星はついた 恋」11.8%
第6話 2008年11月18日 「オペ室の完全犯罪…犯人はお前だ」13.2%
第7話 2008年11月25日 「間違っていた推理…真犯人登場! 」13.5%
第8話 2008年12月2日 「義兄弟の亀裂…オペで異常事態! 震えるメス」14.2%

いちおう視聴率10%台は超えてるので、ドラマとして合格点だと思います。
posted by ガンダルフ at 07:21 | Comment(0) | TrackBack(14) | テレビドラマ
2008年12月01日

『イノセント・ラヴ』#07の感想と視聴率、堀北真希・北川悠仁・香椎由宇・福士誠治・成宮寛貴

●『イノセント・ラヴ』#07の感想 ※ネタバレ注意

ヘビ女聖花怖いよ〜〜〜〜!!!(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

桜井美月(香椎由宇)「心の中に悪魔がいるんです」

今回は兄の出番なし。

兄に代わって聖花がホラーだ・・・。

「すばる・・・」
聖花が立った!歩いた!昴に抱きついた!
3人の関係が滅茶苦茶に壊れていく瞬間。

夜中に瀬川昴(成宮寛貴)の写真を見て笑う聖花。

お着替えさせるところをみると、佳音ちゃんのことを嫌ってるわけではないらしい。
瀬川昴(成宮寛貴)に会えなくて機嫌が悪かった模様。

佳音「私です。この写真ちぎったの私なんです」
殉也「ほんとうに?」嘘だとわかっている殉也。
殉也「そう、わかったよ」

どうやって昴の家まで聖花は歩いていったのか?
3年も寝たきりなら、筋力落ちてるはずだけど。

殉也「昴、友達なら本当のことを言ってくれ。
聖花はお前のことが好きなんじゃないかな?」

回想シーン。プールに服のまま飛び込む聖花。

聖花「パンツが脱げちゃった。誰かとってくれないかな?
とってくれた人と結婚してあげる」

滅茶苦茶な女だなー。それが結婚を決めた理由?
本当は昴に飛び込んでもらいたかった聖花。

殉也「明日、聖花の快気祝いをやるんだ。来てくれるよね?」
昴「んるべく行くよ」
殉也「必ず来いよ」
昴「わかったよ、じゃ」

それにしても、船上で聖花と瀬川昴(成宮寛貴)を二人きりにするなんて、聖花一人では危ないと思うんだけど。

池田次郎(豊原功補)に日誌の内容をバラすカウンセラーも個人情報保護法を知らないのでしょうか?

殉也「最後の思い出に抱いてって言ったんだって。
昴どうしたと思う?
聖花を抱いて、それからさよならって言ったんだって。
聖花がかわいそうじゃないか」

池田がとうとう核心をつく台詞を口にしてしまう。
次回、兄登場か?


メイドの家事代行、家政婦コース

●『イノセント・ラヴ』のあらすじ

佳音(堀北真希)と殉也(北川悠仁)は、信じられない光景を目にする。3年間植物状態が続いていた聖花(内田有紀)が、自力で上半身を起こしていたのだ。殉也は、昴(成宮寛貴)や美月(香椎由宇)らに聖花のことを報告した。 一方、佳音は、パブレストランの店長・宮川(矢島健一)に、昼間も働かせてほしい、と頼む。再逮捕された兄・耀司(福士誠治)の示談金を用意するためだった。しかし耀司は、面会に来た佳音に、もうそういうことはするな、と告げる。少年刑務所を後にした佳音は、殉也の家へと戻った。そこで佳音が目にしたのは聖花の世話に夢中になっている殉也の姿だった。佳音は、何も言わずに踵を返すと、アパートに戻る。しかし、すでに佳音の部屋は荷物が出され、別の人間が契約していた。 行くあてもなくふらふらしていた佳音は、公園のベンチに腰を下ろす。そこに、聖花を乗せた車イスを押しながら殉也がやってきた。殉也は、佳音の帰りが遅いことを心配して捜していた。そこで佳音は、もう殉也の家を出たほうがいいと思う、と彼に告げる。すると殉也は、聖花が目覚めたのは佳音の祈りが通じたからだ、と説得して佳音を連れて帰る。 そんな折、アルバイトに出かけた佳音は、パブレストランの前で昴に出会い、一緒に店に入った。店内にはすでに殉也と聖花がいた。が、昴の姿を見た途端、聖花に異変が起き…。

●『イノセント・ラヴ』のキャスト

秋山佳音(19) - 堀北真希
長崎殉也(28) - 北川悠仁(ゆず)
桜井美月(23) - 香椎由宇
秋山耀司(24) - 福士誠治
瀬川昴(28) - 成宮寛貴
義道神父(53) - 内藤剛志(特別出演)
遠野聖花(28) - 内田有紀
池田次郎(43) - 豊原功補

※役者さんの実年齢とドラマ上の年齢は微妙に異なります。

●『イノセント・ラヴ』の視聴率

第1話 2008年10月20日 「残酷な運命と闘う…新しい私の始まり…」16.9%
第2話 2008年10月27日 「衝撃の一夜」13.3%
第3話 2008年11月3日 「引き裂かれた絆」13.1%
第4話 2008年11月10日 「幸せの兆し」11.7%
第5話 2008年11月17日 「救いの手」11.7%
第6話 2008年11月24日 「深まる絆」12.6%
第7話 2008年12月1日 「動き出す」


【どれでもカレンダー2点で送料無料!】堀北真希 2009年版カレンダー


S 堀北真希写真集


宇多田ヒカル / HEART STATION
posted by ガンダルフ at 23:49 | Comment(2) | TrackBack(14) | テレビドラマ
2008年11月29日

『流星の絆』の感想と視聴率・二宮和也・錦戸亮・戸田恵梨香

●『流星の絆』の感想

喫茶店「ジョージクルーニー」では大ボケの戸神行成(要潤)が、なぜか有明静奈(戸田恵梨香)の前ではいいやつで静奈がほれてしまう。
なぜだ?そのあたりがさすがドラマだと思う。

行成とデートして帰ってきた戸籍上の妹の静奈に兄妹以上の気持ちを抱いてることを明かしてしまう有明泰輔(錦戸亮)。

泰輔「兄弟じゃないよ。今でもそう思ってくれるのは嬉しいけど、兄弟じゃないよ」
これはやっぱり言ってはダメだろー?

静奈「ごめん、聞きたくないの」

後日、有明功一(二宮和也)と会話する有明泰輔(錦戸亮)。

泰輔「兄貴、あいつ本気だよ。芝居じゃない。
あいつ本気で俺たちの仇の息子に恋してるよ」

功一「知ってるよ」

泰輔「いいのかよ兄貴?」

功一「いいわけないだろう!」

ハリウッド映画主演の国際派俳優二宮和也、迫真の演技です。

でも、本当に戸神政行(柄本明)が両親をやったのでしょうか?

有明泰輔は戸神政行が家から出て行くところを目撃してるものの、実行の現場を見たわけではにので、他の誰かがやったとも考えられます。

●『流星の絆』のあらすじ

 功一(二宮和也)は両親の形見に政行(柄本明)の指紋を付着させ、柏原(三浦友和)と萩村(設楽統)に発見させる。そして訪ねてきた2人の前で泰輔(錦戸亮)とひと芝居打ち、真犯人像が政行にたどり着くように誘導した。
 その結果、柏原たちは功一のシナリオどおりに動いていた。だが、状況証拠だけでは犯行の決め手にならない。政行の犯行を動機づけるためにも、幸博(寺島進)のレシピを政行の家に置いてこなければならなかった。
 そこで警察の手が及ぶ前に、静奈(戸田恵梨香)は行成(要潤)の前から姿を消す必要があった。行成にひかれている静奈だったが、仕方なしに思いを抑えて別れ話を切り出す。すると行成は静奈の言葉を受け入れ、さらに自宅に招待すると言う。そのおかげで功一たちに、レシピを置いてくるチャンスが訪れた。

●『流星の絆』のキャスト

有明功一 … 二宮和也
有明泰輔 … 錦戸 亮
有明静奈 … 戸田恵梨香
戸神行成 … 要 潤
林ジョージ … 尾美としのり
萩村信二 … 設楽 統
(バナナマン)
コウイチ … 斎藤隆成
タイスケ … 嘉数一星
シズナ … 熊田聖亜
戸神政行 … 柄本 明
  *
サギ … 中島美嘉
  *  
高山久伸 … 桐谷健太
桂木美和 … 池津祥子
一矢 … 杉浦太陽
  *  
有明塔子 … りょう
有明幸博 … 寺島 進
  *  
柏原康孝 … 三浦友和

●『流星の絆』の視聴率

第1話 2008年10月17日 「東野圭吾×宮藤官九郎! 涙の1ミステリー感動大作」21.2%
第2話 2008年10月24日 「傘と似顔絵と謎の女」17.3%
第3話 2008年10月31日 「親の秘密とハヤシの王子様」15.0%
第4話 2008年11月7日 「真犯人と繋がった記憶」15.6%
第5話 2008年11月14日 「仇の息子と盗まれた味」15.1%
第6話 2008年11月21日 「本当の兄妹じゃない」14.8%
posted by ガンダルフ at 08:06 | Comment(2) | TrackBack(17) | テレビドラマ
2008年11月24日

『イノセント・ラヴ』#06の感想と視聴率、堀北真希・北川悠仁・香椎由宇・福士誠治・成宮寛貴

●『イノセント・ラヴ』#06の感想 ※ネタバレ注意

なんか今回は長崎殉也(北川悠仁)がホラーの主人公だ・・・。

遠野聖花(内田有紀)が危なくなり、フラフラと病室を出て行ってしまう長崎殉也(北川悠仁)。
眼下に高速道路の見える屋上に佇む殉也。
どうやって、屋上に入ったの?

秋山佳音(堀北真希)がオルゴールを聴かせて回復する遠野聖花(内田有紀)、再び目を開ける。

佳音ちゃんに「聖花のためにもここにいて欲しいんだよ」と話す殉也。

ふと思ったけど、殉職の殉なんて字を普通名前につける親いるのかな?
聖花はおそらく聖歌からだと思うけど。

なんか聖花の目が動いて反応してるような?

また捕まった秋山耀司(福士誠治)。

秋山耀司「俺がやりました」
藤堂恒(二階堂智)「なんでそれなら今まで嘘をついてたんだ?」
秋山耀司「妹のためです。妹は孤独になってしまう。
そう思ったからです。だけどもういいんです」

一緒に住んでることを喫茶店のマスターには言わないんだ。

トランプしてる時、聖花の首が動いてるし。

兄がいなくても、相変わらずホラーだ。

刑務官の藤堂、明らかに職務の範疇を超えてるぞ?
なぜ佳音ちゃんに藤堂が電話してくる?
どこで佳音ちゃんのケータイの番号を調べたんだ?

殉也「お兄さんに会いたいんじゃないの?
何が起きたって、お兄さんはお兄さんだもの」

佳音「なんでそんなに親切なんですか?」

殉也「なんでって、だって佳音ちゃんのお兄さんだから」

兄と面会する佳音。

秋山耀司(福士誠治)「よく来てくれたな」

佳音「お兄ちゃん、本当のこと話して」

耀司「ぜんぶ思い出したんだろ?」

佳音「お兄ちゃんがナイフを持って立っていたことは思い出したの。
本当にお兄ちゃんなの?」

耀司「俺だよ。ちゃんとしろって言われるのにうんざりしてたんだ。
カーッとなったんだよ」

佳音「お母さんは?」

耀司「親父をかばおうとした。佳音、ごめんな。
佳音、俺が今望むのは、お前が幸せになってくれることだけなんだ」

通路で偶然に池田記者に会う佳音。

池田次郎(豊原功補)「隠しても無駄だよ。隠しても真実は追いかけてくる。
人は真実に復讐されるんだ。
それより、なんでお兄さんがおそってきたのかだよ。
今明らかになってること以上に隠したいことがあるんじゃないのか?」

殉也「とにかく帰ってきてくれて良かったよ。帰ろう」

いきなり倒れる佳音。百合の花が道路にきれいに散らばりすぎ(笑)

殉也「もう帰ってこないんじゃないかって。
君がもう目を覚まさないんじゃにかって。
僕はもう君がいないとダメなんだな」

ヽ(  ̄д ̄;)ノ エー!?
なに告白しちゃってるんですか?
デリカシーなさすぎ。ある意味、殉也が一番怖かったりして?

佳音「やめて下さい。私にはそんな価値ないんです」

殉也「僕は離れないよ。前にも言ったろ?」

殉也いったい何言い出すんだ?

聖花の部屋で立ち尽くす殉也。

佳音「どうしました?」

百合の花を踏みつけて、起き上った聖花を抱きしめる殉也。

聖花復活?

実際にアメリカの例で、植物状態になった息子を普通に元気に暮らしてるのと同じように接していて目を覚ました例はあるけど。

次週から佳音ちゃん、殉也、聖花の三角関係に?


メイドの家事代行、家政婦コース

●『イノセント・ラヴ』のあらすじ

 佳音(堀北真希)は、アパートを出て、殉也(北川悠仁)とともに彼の家へと向かった。ところがその矢先、思わぬ事態が起きる。聖花(内田有紀)の心肺機能が著しく低下し、人工呼吸器からアラーム音がなり始めたのだ。 佳音たちは、救急車を呼んで聖花を病院へと運んだ。医師から、聖花が生命の危険にさらされていることを告げられた殉也はひどく動揺し、ふらふらと病院から出て行ってしまう。殉也が向かったのは、義道神父(内藤剛志)の教会だった。殉也は、そこにいた美月(香椎由宇)と義道神父に、聖花のことを伝えると、神を信じられない、と言ってうなだれる。その心情を察した義道は、立ち去ろうとする殉也に、神はどんな罪も許すが自ら命を絶つことだけは許さない、と声をかけた。 一方、佳音は、聖花の病室で、連絡がつかなくなった殉也のことを心配していた。殉也は携帯電話にも出ず、どこにいるのかもわからなかった。佳音は、病院に駆けつけた昴(成宮寛貴)に聖花のことを頼み、アパートへと向かった。殉也からもらったオルゴールを取りに戻ったのだ。佳音は、オルゴールを探しだすと、もう一度、殉也の携帯電話に電話する。電話には出たものの、何も話そうとはしない殉也。佳音は、そんな殉也に、聖花のそばにいてあげてほしい、と訴えた。病院に戻った佳音は、殉也はそばにいる、と聖花に話しかけながら、何度もオルゴールを鳴らし続けるが…。

●『イノセント・ラヴ』のキャスト

秋山佳音(19) - 堀北真希
長崎殉也(28) - 北川悠仁(ゆず)
桜井美月(23) - 香椎由宇
秋山耀司(24) - 福士誠治
瀬川昴(28) - 成宮寛貴
義道神父(53) - 内藤剛志(特別出演)
遠野聖花(28) - 内田有紀
池田次郎(43) - 豊原功補

※役者さんの実年齢とドラマ上の年齢は微妙に異なります。

●『イノセント・ラヴ』の視聴率

第1話 2008年10月20日 「残酷な運命と闘う…新しい私の始まり…」16.9%
第2話 2008年10月27日 「衝撃の一夜」13.3%
第3話 2008年11月3日 「引き裂かれた絆」13.1%
第4話 2008年11月10日 「幸せの兆し」11.7%
第5話 2008年11月17日 「救いの手」11.7%
第6話 2008年11月24日 「深まる絆」集計中


【どれでもカレンダー2点で送料無料!】堀北真希 2009年版カレンダー


S 堀北真希写真集


宇多田ヒカル / HEART STATION
posted by ガンダルフ at 23:59 | Comment(7) | TrackBack(16) | テレビドラマ
2008年11月18日

『イノセント・ラヴ』#05の感想と視聴率、堀北真希・北川悠仁・香椎由宇・福士誠治・成宮寛貴

●『イノセント・ラヴ』#05の感想 ※ネタバレ注意

秋山耀司(福士誠治)「かくまってくれるか?」
卓夫(浅利陽介)「いいよ、いいよ」

いいのかよ?(;-o-)σォィォィ・・・

新聞記者やテレビのレポーターがアパートに押しかける騒ぎになってしまって、これで妹が幸せになれるはずがないというか、この兄はどうしてこう短絡的な行動をとるのやら?
もっとも、こういう短絡的な人間は現実社会にいるけど。

それにしても、堀北真希はこういう暗い役がよく似合いますね。

長崎殉也(北川悠仁)が秋山佳音(堀北真希)のアパートに訪ねてくる。

殉也「佳音ちゃん、いるの?」
ドアを開ける佳音。
殉也「お兄さんのこと新聞で読んだよ。どうして言ってくれなかったの?
クビにされると思った?」
佳音「今までずっとそうだったんです。兄のことを知られると離れていくんです、みんな」
殉也「僕は離れないよ。僕にはわかるから。
聖花を背負ってどんどん一人ぼっちになっていく気持ち。
聖花のことを話した時、君は聖花のために祈ると言ってくれた。
僕も君のために祈るよ」
泣きだす佳音。

いいシーンなんだけど、シチュエーションが現実離れしていて自分と遠い世界だから感情移入できなくて涙がこみあげてこない。
やっぱり身近なシチュエーションのほうが泣けると思う。
『絶対彼氏』は、ロボットとの恋愛という現実とかけ離れたストーリーに見えたけど、好きな人へ想いが伝わらない切なさというのが身近で泣けた。

雑誌記者の池田(豊原功補)の病室に謝りに行く佳音。

池田「お願いを聞いてあげないこともないよ。ただし、条件がある」

池田「俺と長野に行って、もういちど先生の治療を受けて欲しい。
6年前のことを思い出して欲しいんだ」

この記者は悪魔だ・・・。

佳音「ちゃんと思い出して整理をつけないと前に進めないような気がして」

夜のバイトはクビになってなかったのか・・・。

なぜ長野の病院で、なぜ記者が同席してビデオに撮ってるのやら?

佳音「クリスマスのパーティー、みんなでケーキを囲んでお祝いしました。
あたしはサンタを待っています」

山本(山本圭)「どんな気持ちですか?」

佳音「ドキドキしています。あたしは、あたしは。
頭が痛い。もう思い出せません」

車で家族の写真を見せられて走り出す佳音。

池田「どうした?おい!」

佳音「やめて!」

池田「何かされたのか?誰かに、何か…親父か?兄貴か?」

やはりそういう展開でしたか。

えーと、つまり両親をやったのは・・・?

ホラーだ。これはホラーだ!
(||゚Д゚)ヒィィィ!(゚Д゚||)

殉也と会話する佳音。

佳音「池田さんが持ってきたんです。
思い出せって言われて、それであたし思い出したんです。
ずっと忘れてたこと。
お兄ちゃんがナイフを持ってた。
そのナイフがちで真っ赤に染められてて、やっぱりあの時お兄ちゃんがお父さんとお母さんを手にかけたんです」

なぜその時、兄が外で話を聞いている?
タイミング良すぎ!

佳音「お兄ちゃんは何もやってないと思ったのに。
お兄ちゃんを信じて頑張ってきたのに」

ホラー映画の主人公と化す兄。

佳音「お兄ちゃん!」

耀司「そうだよ佳音、俺が二人をころした。
二人をころしてあの家に火をつけたんだ。
よく思い出したな。
でも、これ以上は何も思い出すな」

そう言って走り去る兄。

殉也「ただいま聖花、佳音ちゃん連れてきたよ。
向こうのソファーで眠れるかな?
大丈夫、もう怖いおもいさせないから」

浮気現場?を見つめる遠野聖花(内田有紀)。
涙を流し、まぶたを閉じる。
そして、心拍音がとまる。

やっぱり聖花は意識があったのでしょうか?


メイドの家事代行、家政婦コース

●『イノセント・ラヴ』のあらすじ

 佳音(堀北真希)は、殉也(北川悠仁)の前から姿を消す。殉也は、突然、佳音と連絡が取れなくなったことに困惑していた。佳音が、アルバイト先に姿を見せなかっただけでなく、彼女の携帯電話までつながらなくなってしまったのだ。 一方、耀司(福士誠治)は、雑誌記者の池田(豊原功補)をおそった後、生まれ故郷の長野へと向かっていた。耀司は、山本(山本圭)という心療内科医の医院に侵入し、佳音のカルテを盗み出して破棄する。山本は、6年前の事件でPTSDを起こした佳音を診察した医師だった。目的を果たした耀司は、佳音の元へは戻らず、鉄工所で知り合った卓夫(浅利陽介)にかくまってもらう。 すでに新聞では耀司が起こした事件が報道されていた。佳音は、やってきた刑事から耀司の事件を聞かされる。と同時に、マスコミも佳音のアパートに押し寄せていた。そんな中、美月(香椎由宇)から事件の記事を見せられた殉也は、昴(成宮寛貴)から佳音のアパートの住所を教えてもらう。アパートにやってきた殉也に佳音は・・・。

●『イノセント・ラヴ』のキャスト

秋山佳音(19) - 堀北真希
長崎殉也(28) - 北川悠仁(ゆず)
桜井美月(23) - 香椎由宇
秋山耀司(24) - 福士誠治
瀬川昴(28) - 成宮寛貴
義道神父(53) - 内藤剛志(特別出演)
遠野聖花(28) - 内田有紀
池田次郎(43) - 豊原功補

※役者さんの実年齢とドラマ上の年齢は微妙に異なります。

●『イノセント・ラヴ』の視聴率

第1話 2008年10月20日 「残酷な運命と闘う…新しい私の始まり…」16.9%
第2話 2008年10月27日 「衝撃の一夜」13.3%
第3話 2008年11月3日 「引き裂かれた絆」13.1%
第4話 2008年11月10日 「幸せの兆し」11.7%
第5話 2008年11月17日 「救いの手」集計中


【どれでもカレンダー2点で送料無料!】堀北真希 2009年版カレンダー


S 堀北真希写真集


宇多田ヒカル / HEART STATION
posted by ガンダルフ at 00:48 | Comment(2) | TrackBack(16) | テレビドラマ
2008年11月14日

『流星の絆』の感想と視聴率・二宮和也・錦戸亮・戸田恵梨香

●『流星の絆』の感想

今回の話はギャグが少なくて、かといって話が劇的に盛り上がるわけでもなく、主人公が危険にさらされるスリリングな展開があるわけでもなく、中途半端な回でした。

高山うざい。

柏原康孝(三浦友和)は例のシリーズのDVDが好きらしい。

戸神行成(要潤)の母親の性格が読めない。

んー、今回は“ドラマとして”あまり書くことがないなぁ。

『チームバチスタの栄光』はドラマとして面白いと思うけど。

『ブラッディ・マンデイ』も初回ははんじゃこりゃ?と思ったけど、最近の回はドラマとして面白くなってきたと思います。

秋シーズンのドラマで一番へヴィなのは『イノセント・ラヴ』ですね。

●『流星の絆』のあらすじ

行成に招待され静奈が食べた「とがみ亭」の元祖ハヤシライスは、殺された父親・幸博が作っていたものと同じ味だった。さらに、泰輔が事件当日に見た男が、その行成の父親の政行であったことなどから、功一は戸神政行を両親の仇として、さらなる真実を追究していく。静奈は行成から幸博と政行の接点を探そうと逢瀬を交わし、泰輔は柏原ら警察と連絡をとり始める。標的の定まった3人の前に、静奈の本当の父親の妻が現れる。

●『流星の絆』のキャスト

有明功一 … 二宮和也
有明泰輔 … 錦戸 亮
有明静奈 … 戸田恵梨香
戸神行成 … 要 潤
林ジョージ … 尾美としのり
萩村信二 … 設楽 統
(バナナマン)
コウイチ … 斎藤隆成
タイスケ … 嘉数一星
シズナ … 熊田聖亜
戸神政行 … 柄本 明
  *
サギ … 中島美嘉
  *  
高山久伸 … 桐谷健太
桂木美和 … 池津祥子
一矢 … 杉浦太陽
  *  
有明塔子 … りょう
有明幸博 … 寺島 進
  *  
柏原康孝 … 三浦友和

●『流星の絆』の視聴率

第1話 2008年10月17日 「東野圭吾×宮藤官九郎! 涙の1ミステリー感動大作」21.2%
第2話 2008年10月24日 「傘と似顔絵と謎の女」17.3%
第3話 2008年10月31日 「親の秘密とハヤシの王子様」15.0%
第4話 2008年11月7日 「真犯人と繋がった記憶」15.6%
第5話 2008年11月14日 「仇の息子と盗まれた味」集計中
posted by ガンダルフ at 23:46 | Comment(2) | TrackBack(16) | テレビドラマ
2008年11月12日

『チーム・バチスタの栄光』の感想と視聴率

●『チーム・バチスタの栄光』感想

今回は田口(伊藤淳史)と白鳥(仲村トオル)の凸凹コンビが考え方の違いから仲たがいして解散の危機に。

田口は「あの薔薇が置かれた日は患者が亡くなる日だ」と、手術室の謎の薔薇の話を耳にする。

麻酔医の氷室(城田優)と看護師の大友(釈由美子)が薔薇の謎と関わっているらしい。

しかし、田口は白鳥に薔薇の話を伝えることができない。

人を信じたい田口と、人を疑ってかかる白鳥、白鳥は田口に、
「本日ただいまをもってコンビは解散!」と告げる。

結局、田口は麻酔医の氷室を問い詰めて怒らせてしまう。

そんななか、緊急のバチスタ手術が始まり、手術室にはあの薔薇が置かれ、麻酔医の氷室が謎の笑みを田口に見せて手術室に入る。

これから手術室で一体何が起きようとしてるのか?

誰がバチスタ手術を失敗させているのか?

その方法は?理由は?

●『チーム・バチスタの栄光』あらすじ

 次のバチスタ手術の患者は蔵田(田村元治)という76歳の男性。白鳥(仲村トオル)は手術までに残された4日間で必ず犯人を見つけると公言、さらに犯人はだいぶ絞り込めてきたと言う。それを聞いた羽場(戸田昌宏)は田口(伊藤淳史)にバチスタ手術で患者が亡くなる前に必ずガラスに詰めたバラがオペ前室に置かれており、一連の術死は予告殺人ではないかと告げる。さらに氷室(城田優)から、バラを前室に置いたのは直美(釈由美子)だということを聞き、その真意を直美に問うが・・・。 直美を傷つけて気持ちが塞いだ田口は、話を聞いてその人のことを知る心療内科医の仕事が好きだったが今は怖くて仕方ないと白鳥に本音をぶつける。だが白鳥は人のことを分かったつもりになっているだけで、本当に他人を知るということは最悪な部分まで見ることだと田口を非難。何も答えられない田口に、助手をクビにすると言い渡す。 翌日、チーム・バチスタのミーティングで、桐生(伊原剛志)は蔵田に万が一発作が起きた場合は緊急手術を行うことを再確認し、もし手術が失敗したらチームを解散すると宣言する・・・。

●『チーム・バチスタの栄光』キャスト

田口公平(心療内科医) - 伊藤淳史
白鳥圭輔(厚生労働省・大臣官房秘書課付技官) - 仲村トオル

チーム・バチスタ

桐生恭一(執刀医) - 伊原剛志
鳴海 涼(病理医) - 宮川大輔
大友直美(器械出し) - 釈由美子
氷室貢一郎(麻酔科医) - 城田優
垣谷雄次(第一助手) - 鶴見辰吾
酒井利樹(第二助手) - 鈴木裕樹
羽場貴之(臨床工学技士) - 戸田昌宏

東城大学医学部付属病院関係者

藤原真琴(特別愁訴外来看護師) - 名取裕子
高階権太(病院長) - 林隆三
宮原加奈子 - ちすん
星野響子 - うえむらちか
黒崎誠一郎(心臓血管外科教授) - 榎木孝明
田口家

田口周蔵(祖父) - 横山あきお
田口翠(田口公平の妹/長女) - 彩木里紗
田口茜(田口公平の妹/次女) - 石井美絵子

喫茶店「BEANS FARM」

岸川保(マスター) - 木下ほうか
岸川マリ(ママ) - 奥貫薫

●『チーム・バチスタの栄光』視聴率

第1話 2008年10月14日 「医療ミスか? 殺人か!? 謎」15.2%
第2話 2008年10月21日 「アクティヴ・フェーズ(能動的調査)VSパッシヴ・フェーズ(受動的調査)噂」11.7%
第3話 2008年10月28日 「麻酔科医の告白 絆」12.5%
第4話 2008年11月4日 「エリートのプライドと弱点 望」12.2%
第5話 2008年11月11日 「犯人の目星はついた 恋」11.8%
posted by ガンダルフ at 18:08 | Comment(0) | TrackBack(18) | テレビドラマ

相棒7の視聴率・水谷豊・寺脇康文

●『相棒7』のあらすじ

東大法学部卒の優秀なキャリア組でありながらも、その変人ぶりが災いして出世コースから外れた杉下右京警部と、警視庁のリストラ対象にされた上に杉下と組まざるを得なくなった亀山薫巡査部長の、“人材の墓場”とまで言われた「特命係」に追いやられてしまった二人の活躍を描く刑事ドラマ、それが『相棒』であるッ!

プロデューサーの意向で次のシーズンから寺脇康文は降板して、ほかの相棒に代わるらしい。大きな賭けというか、それは必要なのかどうか?

●『相棒7』のキャスト

杉下 右京 - 水谷豊
警視庁組織犯罪対策部特命係係長。階級は警部。

東大卒業後渡英、帰国後に警察庁に入庁。かつては刑事部捜査二課の刑事として次々と難事件を解決してきた。しかし、重箱の隅をつつくようなキメの細かい捜査で、上層部が公にしたくない事件の犯人まで追い詰める正義感が災い、上層部からは嫌われ「特命係」という閑職に追いやられた。が、本人はまったく気にしていない。今までついた部下は数ヶ月以内に退職していったため特命係は“人材の墓場”と揶揄されていたが、亀山薫だけは唯一残っている。特命係に追いやられてもなお抜群の名推理は健在で、次々と難事件を解決している。

亀山 薫 - 寺脇康文
警視庁組織犯罪対策部特命係員。階級は巡査部長。

杉下右京の唯一の部下で特命係の一員。実家は新潟の老舗造り酒屋でその跡取り。大学では野球をやっていたスポーツ特待生。熱さと体力は誰にも引けを取らないが、お人好しで他人を疑うことができないという欠点も。が、その欠点が上司の右京をフォロー、事件解決に結びつくこともある。かつて在籍していた捜査一課に戻りたい、という思いも最近は薄れてきた(?) 長年同棲していたフリージャーナリスト・奥寺美和子と紆余曲折を経て結婚。愛妻弁当持参で登庁することも。

亀山(奥寺)美和子 - 鈴木砂羽

亀山薫と同じ大学出身で、当時から新聞部に所属。卒業後は帝都新聞・社会部に所属。警視庁記者クラブで事件記者として詰めていたが、現在はフリーランスとして活動している。長年同棲していた薫と結婚。職業柄、取材現場などで右京や薫と鉢合わせすることも多い。薫のよき理解者で、一見そっけないが夫をやさしくサポートしている。旧姓は奥寺。
余談であるが、鈴木砂羽は私生活では“恋多き女”として名を馳せている。

宮部 たまき - 益戸育江

右京と薫がよく訪れる小料理屋「花の里」の女将で右京の元妻。別れた今でも右京を何かと気にかける数少ない右京の理解者。事件にはまったく無関心の彼女の言葉が、右京らに安らぎを与え、ときには事件解決のヒントとなることも。

伊丹 憲一 - 川原和久
警視庁刑事部捜査第一課員。階級は巡査部長。

薫を目の敵にし「特命係の亀山ぁ〜!」と人前でバカにしたような呼び方をする。が、正義感に厚いところは薫と似ており、実は認め合うところも。しかし、彼にとって「特命係」は目の上のたんこぶのような存在で、捜査一課のジャマモノ扱い。“トリオ・ザ・捜一”のリーダー的存在でもある。

三浦 信輔 - 大谷亮介
警視庁刑事部捜査第一課員。階級は巡査部長。

芹沢 慶二 - 山中崇史
警視庁刑事部捜査第一課員。階級は巡査。

米沢 守 - 六角精児
警視庁刑事部鑑識課員。階級は巡査部長。

鑑識の腕は抜群で右京らの難しい要求にも応えてくれる。右京と同じく落語が趣味で、右京とは落語のCDを貸し借りする仲でもある。そのせいか、単に彼も変わり者であるせいか、特命係には協力的。捜査一課よりも先に鑑識結果を教えてくれることも。“トリオ・ザ・捜一”のことをあまりよく思っていないのか、彼らを出し抜いて犯人を検挙する右京らの活躍を密かに喜んでいる。

小野田 公顕 - 岸部一徳
警察庁長官官房室長(通称・官房長)。階級は警視監。

瀬戸内 米蔵 - 津川雅彦
衆議院議員で元法務大臣。

●『相棒7』の視聴率

第1話 還流〜密室の昏迷 津川雅彦、西岡コ馬、四方堂亘、織本順吉 輿水泰弘 和泉聖治 2008年10月22日 17.9%
第2話 還流〜悪意の不在 2008年10月29日 19.7%
第3話 沈黙のカナリア 眞島秀和、大沢健、磯部勉 徳永富彦 東伸児 2008年11月5日 15.0%
第4話 隣室の女 佐藤仁美 岩下悠子 長谷部安春 2008年11月12日
第5話 希望の終盤 蟹江一平 2008年11月19日
第6話 顔のない女神 清水美沙 2008年11月26日
posted by ガンダルフ at 17:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ

『セレブと貧乏太郎』の感想と視聴率、上戸彩、上地雄輔

●『セレブと貧乏太郎』の感想

なんか今回もドタバタコメディで、恋愛とかストーリー上は何も進まず。

アリスがトランクに詰めて運ばれるシーン、トランクを階段から落として、走ってきた車にはねられて、中から出てきたアリスが「いった〜!死ぬかと思ったわ」というシーンを作れば面白かったのに。
声だけ入れておけば、本当に中に入ってるように錯覚するし。

意味のよくわからない防空壕ですね。実用性低そうです。

アリスの祖父の美田園總一郎役で『紅の豚』の森山周一郎さんが出演。
相変わらず渋いいい声をしてらっしゃいます。
この人を生放送に出すと何をしゃべりだすかわからないので要注意人物です(笑)

あの婚約者もあれで引き下がる意味がわからない。

祖父が倒れたとか、相変わらずラストで次回に引っ張る展開です。

●『セレブと貧乏太郎』のあらすじ

 後藤田との婚約を受け商店街の救世主になったアリス。しかし婚約発表会見を前に、太郎に助け出して空港へ向かえと命令する。果たしてアリス救出大作戦は成功するのか。
 美田園アリス(上戸彩)は、佐藤太郎(上地雄輔)らの商店街に計画された“アリスタウン"建設を阻止するため、後藤田司(柏原崇)との婚約を受諾。 しかし、それはアリスの勢い…というか、気まぐれ。だが、後藤田はこの時とばかりにアリスとの婚約発表記者会見を準備した。 後藤田との婚約を推奨する継母の真紀子(若村麻由美)は、アリスが逃げ出さないようにとSPを付ける。アリスは、太郎と商店街の仲間に自分を助け出して空港へ連れて行くようにとメッセージを送った。今や商店街の救世主として崇められているアリスの頼みに仲間たちは大乗り気。かくして、太郎と仲間たちの“アリス救出大作戦"が決行されることとなる。 後藤田との婚約発表の日。アリスは、太郎たちによって救出される。だが、太郎たちの行為は警察には誘拐ととられてしまった。とりあえず、『だるま』に連れてこられたアリスだが、周囲はすでに警察官だらけ。それでも、午後3時までに空港に行くと言い張るアリス。 アリスは警察に保護されて後藤田との婚約会見に臨むことになってしまうのか?アリスが、空港に急ぐ理由とは?

●『セレブと貧乏太郎』のキャスト

美田園 アリス(23) - 上戸彩
佐藤 太郎(30) - 上地雄輔
安田 幸子(29) -国仲涼子
後藤田 司(31) - 柏原崇
大野 緑(35) - 三浦理恵子
公文 晃(38) - 宅間孝行
河田 陽子(45) - キムラ緑子
江原 まなみ(28) - 中山恵
市井 静(25) - 上野なつひ
坂本 丈二(30) - 田村裕(麒麟)
坂本 和樹(14) - 黒木辰哉
柳沢 茂(57) - 田山涼成
戸川 誠一(46) - 酒井敏也
美田園 真紀子(42) - 若村麻由美
安田 啓一(53) - 山下真司
郡司 康夫(55) - 風間杜夫
美田園 總一郎 - 森山周一郎

●『セレブと貧乏太郎』の視聴率

第1話 2008年10月14日 「資産7兆円の女と貯金残高3千円の男」17.6%
第2話 2008年10月21日 「イケナイkiss」15.0%
第3話 2008年10月28日 「貧乏アリス(秘)報告」15.2%
第4話 2008年11月4日 「やっちまったなぁ」11.6%
第5話 2008年11月11日 「花嫁アリスを救え」14.9%
posted by ガンダルフ at 17:23 | Comment(0) | TrackBack(4) | テレビドラマ
2008年11月10日

『イノセント・ラヴ』#04の感想と視聴率、堀北真希・北川悠仁・香椎由宇・福士誠治・成宮寛貴

●『イノセント・ラヴ』#04の感想 ※ネタバレ注意

長崎殉也(北川悠仁)は瀬川昴(成宮寛貴)に
遠野聖花(内田有紀)の部屋のカギを返すなーっ!!
しかも、誕生日に呼ぶなーっ!!

長崎殉也「兄弟は?ずっと一人?」
秋山佳音「はい」

「はい」じゃないだろーっ?!

なんで瀬川昴(成宮寛貴)が瀬川昴(成宮寛貴)がピアノを弾く店に来て笑顔で挨拶?
秋山佳音(堀北真希)も笑顔で応対するなーっ!!

なぜ男同士で手をつなぐ?やっぱり本格的な801だったのか。
名刺をしまうなーっ!!捨てろ!

瀬川昴「お兄さんのこと、君と僕だけの秘密だよ」

佳音ちゃんのコップを床に落として割るリアクション、昭和か?
以前はサンドイッチを道路に落としたし。
今回はケーキを落とすかと思った。

兄とのデート。封印された記憶が蘇りそうになって過呼吸に陥る佳音ちゃん。

佳音「好きな人なんていないよ。今はもういない。気にしないで」ヽ(´o`; オイオイ

早く兄を追い出せって、悪魔のような大家だな。しかも、兄起きてるし。

遠野聖花(内田有紀)の誕生日、誰も来ない。

兄は職場でケンカ。あれは向こうが悪い。

長崎殉也「誰も来なかったんだ。良かった、君が来てくれて。ありがとう」

しかも家の外から兄が見てるし。怖っ!

だめだ、このドラマ、登場人物が皆病んでいる。

ハンマーを買った兄が不法侵入。兄弟そろって・・・。

登場人物、全員怖いぞ。

桜井美月(香椎由宇)笑顔が怖いぞ。

美月「彼の前から黙って消えてください。
彼の純粋できれいな世界をあなたの存在で汚して欲しくない。わかるよね?」

兄は編集部まで不法侵入かい?しかも、やっちゃったよ。あーあ。

殉也を見て涙で走り去る佳音ちゃん。

宇多田ヒカルの歌詞がピッタリはまってます。

なんか感情むきだしの文章になってしまいました。
お見苦しくてすみません<(_ _)>


メイドの家事代行、家政婦コース

●『イノセント・ラヴ』のあらすじ

佳音(堀北真希)は、少年刑務所を仮釈放された兄・耀司(福士誠治)と一緒に暮らし始める。耀司は、保護司の松下(浅野和之)から紹介された工場で働くことも決まっていた。 一方、殉也(北川悠仁)は昴(成宮寛貴)を訪ねる。ふたりが会うのは、昴が殉也の留守中に聖花(内田有紀)の人工呼吸器を停止させた一件以来だ。昴は、殉也に聖花の部屋の合鍵を返そうとした。すると殉也は、昴の手に鍵を戻し、来週、聖花の誕生日パーティーを開くから来て欲しい、と誘った。 そんな中、佳音は、殉也がピアノを弾いているパブレストランでアルバイトを始める。その夜、パブレストランに昴がやってくる。そこに、ユキオ(中村倫也)という男が現れ、親しげに昴に話しかけた。ユキオは、昴の元パートナーらしい。昴は、その一部始終を見ていた佳音に、「いまのは秘密ね。君にも人に言えない秘密があるよね」と釘を刺した。 別の日、殉也の家を掃除しに行った佳音は、聖花の誕生日パーティーに是非来てほしい、と誘われる。するとそこに、美月(香椎由宇)がやってきた。日曜学校のお楽しみ会で殉也が着る衣装の採寸をするためだった。美月は殉也と親しそうにしている佳音の姿を見て凍りつき…。

●『イノセント・ラヴ』のキャスト

秋山佳音(19) - 堀北真希
長崎殉也(28) - 北川悠仁(ゆず)
桜井美月(23) - 香椎由宇
秋山耀司(24) - 福士誠治
瀬川昴(28) - 成宮寛貴
義道神父(53) - 内藤剛志(特別出演)
遠野聖花(28) - 内田有紀
池田次郎(43) - 豊原功補

※役者さんの実年齢とドラマ上の年齢は微妙に異なります。

●『イノセント・ラヴ』の視聴率

第1話 2008年10月20日 「残酷な運命と闘う…新しい私の始まり…」16.9%
第2話 2008年10月27日 「衝撃の一夜」13.3%
第3話 2008年11月3日 「引き裂かれた絆」13.1%
第4話 2008年11月10日 「幸せの兆し」集計中


【どれでもカレンダー2点で送料無料!】堀北真希 2009年版カレンダー


S 堀北真希写真集


宇多田ヒカル / HEART STATION
posted by ガンダルフ at 23:46 | Comment(3) | TrackBack(15) | テレビドラマ
2008年11月07日

『流星の絆』の感想と視聴率・二宮和也・錦戸亮・戸田恵梨香

●『流星の絆』の感想

今週の『流星の絆』を見た。面白かった。

でも、どう感想を書けばいいのかわからない。

楽屋落ちギャグの連続で1本のドラマになってる感じ?

お笑い番組のギャグをひとつひとつ書き出して、感想をつけてるブログが存在しないように、どう感想を書けばいいのかわからない。

ストーリーの骨子はあるのだけど、肉付けがハチャメチャで・・・。

和服を着たサギ(中島美嘉)がジルコニアの指輪を千円で売って海に飛び込み、ボートで去って行くシーン。

シュールすぎて、どう感想を書けばいいのやら?

中島美嘉自身は映画やドラマの出演経験もあるし、楽しんで演じてるのだろうけど。

有明功一(二宮和也)の部屋の歯ブラシ2本の訳とは?

●『流星の絆』のあらすじ

事件の時効が迫る中、柏原ら警察側の接近に危険を感じた功一は、次で最後という約束で泰輔と静奈にサギ話を持ちかける。その標的となったのは、有名洋食屋チェーン店の御曹司戸神行成であった。功一は完璧な作戦で静奈を行成に接近させる。ある日、行成は自身の経営する店舗で出すハヤシライスの試食会に静奈を誘った。そこで食べたハヤシライスの味は、かつて父親が作ったものと同じであった。そしてそこに現れた人物とは!?

●『流星の絆』のキャスト

有明功一 … 二宮和也
有明泰輔 … 錦戸 亮
有明静奈 … 戸田恵梨香
戸神行成 … 要 潤
林ジョージ … 尾美としのり
萩村信二 … 設楽 統
(バナナマン)
コウイチ … 斎藤隆成
タイスケ … 嘉数一星
シズナ … 熊田聖亜
戸神政行 … 柄本 明
  *
サギ … 中島美嘉
  *  
高山久伸 … 桐谷健太
桂木美和 … 池津祥子
一矢 … 杉浦太陽
  *  
有明塔子 … りょう
有明幸博 … 寺島 進
  *  
柏原康孝 … 三浦友和

●『流星の絆』の視聴率

第1話 2008年10月17日 「東野圭吾×宮藤官九郎! 涙の1ミステリー感動大作」21.2%
第2話 2008年10月24日 「傘と似顔絵と謎の女」17.3%
第3話 2008年10月31日 親の秘密とハヤシの王子様 石井康晴 15.0%
posted by ガンダルフ at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(17) | テレビドラマ