スポンサードリンク
2017年02月01日

#星野源 #逃げ恥 #恋 #恋ダンス #新垣結衣 #ムズキュン #ガッキー

同時視聴と録画視聴の合計が30%を超え、NHK紅白にも登場した星野源の『』。

星野源は見た目は草食系でありながら、自らがパーソナリティーを務める冠ラジオ番組では下ネタを連発!
そういうギャップも受けてるのかもしれません。

新垣結衣よりも、星野源のほうが可愛いというムズキュン現象が発生。

これだけヒットしたので、もしかしたら、2017年は続編があるかもしれません。楽しみです。

ただ、星野源は過去に2回、クモ膜下出血をやってるので健康には気をつけて欲しいです。

posted by ガンダルフ at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
2014年07月14日

月9フジテレビ開局55周年記念ドラマ HERO【時効寸前の宝石強盗事件】 #01 #ドラマ #HERO #CX

【HERO】初回

月9フジテレビ開局55周年記念ドラマ HERO【時効寸前の宝石強盗事件】 #01 #ドラマ #HERO #CX

いつものように城西支部の1日が始まる。ひとつだけいつもと違うのは久利生公平(木村拓哉)が新たに着任するということ。久利生には麻木千佳(北川景子)が担当事務官として付くことが発表される。いきなりジーパン姿で登場した久利生を一目見た瞬間、千佳はめまいを覚える。  久利生は居酒屋で起きた傷害事件を担当することとなり、早速取り調べを始める。すると驚きの事実が発覚する。傷害事件の被疑者大西祐二(森山直太朗)と、15年前に起きた宝石強盗事件の現場に残っていた指紋が一致したというのだ。しかも時効成立の3日前。被害が50カラット時価13億円相当と、強盗事件では史上最高額で、一気に世間の注目の的となる。城西支部の他の検事たちは、いきなり“おいしい"事件を担当することになった久利生をうらやましがる。だが久利生の本当の“怖さ"を忘れていた。大西は宝石を盗んだということを一切認めない。周りが時間がないといくらせかそうとも、久利生はいつものスタイルを変えず、まずは宝石強盗事件の現場に向かうのだった。  ついには嫌疑を否認し続ける大西を前に久利生は「起訴はできない」と言い始める。時効まであと2日。次席の牛丸豊(角野卓造)、部長の川尻健三郎(松重豊)をはじめ城西支部の皆は頭を抱える。時効までに真相解明にいたるのか…!?

【出演者】
久利生公平(東京地検城西支部検事) : 木村拓哉  麻木千佳(東京地検城西支部事務官) : 北川景子  田村雅史(東京地検城西支部検事) : 杉本哲太  宇野大介(東京地検城西支部検事) : 濱田岳  井戸秀二(東京地検城西支部事務官) : 正名僕蔵  馬場礼子(東京地検城西支部検事) : 吉田羊  St.George's Tavern マスター : 田中要次 小杉啓太(城西支部警備員) : 勝矢  川尻健三郎(東京地検城西支部部長検事) : 松重豊  遠藤賢司(東京地検城西支部事務官) : 八嶋智人  末次隆之(東京地検城西支部事務官) : 小日向文世  牛丸豊(東京地検本庁次席検事) : 角野卓造 

第1話 出演者
大西祐二 : 森山直太朗
posted by ガンダルフ at 13:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
2014年06月18日

#SMAP #香取慎吾 主演『SMOKING GUN〜決定的証拠〜』最終回

桜子(西内まりや)とくるみ(濱田ここね)が一連の事件の真犯人に連れ去られる。やがて電話をかけてきた犯人は、縁(香取慎吾)に、桜子らと引き換えにエミリ(倉科カナ)から預かったはずの反証データの引き渡しを要求してくる。しかし、縁はデータを預かった時の記憶がなく、どこにあるのか分からない。柏木(谷原章介)ら警察も動きだす中、田坂(イッセー尾形)らは犯人の潜伏場所を特定しようと、録音した通話を解析する。


■キャスト
香取慎吾/流田縁役
過去の傷を背負いながら、依頼人のために真実を追求する敏腕鑑定人。かつては科捜研のエースとして活躍していた。普段ズボラで、物が片付けられないダメ男。もじゃもじゃ頭がトレードマークで大好物はドーナツ。決めぜりふは、“スモーキングガン(決定的証拠という意味)”。

西内まりや/石巻桜子役
デパートのエレベーター内で痴漢に遭った時に縁と出会い、科捜研調査員としての縁の実力を目の当たりにする。その後、緑に謎の死を遂げた父の真相究明を依頼することになる。

中山優馬/松井丈太朗役
8人兄弟の長男。千代田科学捜査研究所で学生アルバイトとして働く。

鈴木保奈美/千代田真紀役
縁の所属する千代田科学捜査研究所の所長。言いたいことは遠慮せずに言う豪快な姉御肌で、リーダーシップに富み、行動力にあふれている。

倉科カナ/永友エミリ役
縁の恋人。警視庁科捜研の研究員。専門は植物のDNAの生成。

イッセー尾形/田坂繁役
元少年課刑事。今はDNA鑑定に専念しているが、刑事の仕事も押し付けられる。

谷原章介/柏木夏生役
警視庁捜査一課の刑事で、千代田科学捜査研究所にしばしば鑑定を持ち込む。

続きを読む
posted by ガンダルフ at 19:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ

花咲舞が黙ってない【最終回】

舞(杏)と相馬(上川隆也)は、新宿支店で不祥事を起こした伊丹グループ会長・清吾(船越英一郎)の息子・清一郎(平岡祐太)と遭遇。何の処分も受けずに、人事部に異動したと知って憤慨する。しかも、清一郎は相変わらず横柄で、反省の色は見られない。そんな中、営業第二部が扱う伊丹グループの給与データが紛失する大事件が発生。真藤(生瀬勝久)の指揮の下、調査委員会が発足し、舞と相馬も調査に加わるよう命じられる。

■キャスト
杏/花咲舞役
東京第一銀行の若手行員。代々木支店から、本部・支店統括部臨店チームへ異動。きれいな顔立ちと華奢な体からかわいいだけと思われがちだが、実は“できる女”。困っている人を放っておけない性格で、トラブル解決のためなら空気を読まずに突っ走る。

上川隆也/相馬健役
東京第一銀行本部・支店統括部臨店チーム所属。以前は敏腕融資マンとして名を馳せていたが、上司とぶつかったのを機に出世ラインから外され、以降は事なかれ主義で日々の仕事をこなしてきた。舞とコンビを組むことになり、彼女を支えることになる。

生瀬勝久/真藤毅役
東京第一銀行・執行役員企画部長。入行以来、出世街道を歩き続けてきた将来の頭取候補で、行内の派閥・真藤派のトップ。真藤派の不祥事を次々と明らかにしていく舞と相馬のコンビを目の敵にする。

続きを読む
posted by ガンダルフ at 19:34 | Comment(0) | TrackBack(6) | テレビドラマ
2014年03月10日

『医龍4 #9』の感想/映画見聞録 ※ネタバレ注意

岡村征の意外な過去、そして野口賢雄と岡村征の関係の亀裂。

今回のストーリーは第1シーズンのような緊迫感があって良かったと思います。

特に終盤の同時手術のシーンで、加藤晶の第一助手に鬼頭笙子が入り、ニヤリと笑うシーンは背筋がゾクゾクしました。

毎回、これくらい緊迫感のあるドラマならいいのになぁ。

それから、ドラマの中のスーパー医療特区の外国人医師の日本での診療・手術を認める法案が、現実に国会に出されましたね。

チーム・ドラゴンのバチスタ手術や、今回の外国人医師の医療を認める法案、心筋細胞を作る技術など『医龍』が先で、現実があとから追いついてくるケースが多いように感じます。

続きを読む
posted by ガンダルフ at 03:01 | Comment(0) | TrackBack(5) | テレビドラマ
2014年02月28日

『医龍4 #8』の感想/映画見聞録 ※ネタバレ注意

L&P病院の岡村征(高橋克典)から直々に、桜井病院の内偵(スパイ)を依頼された研修医の早川昭吾(柄本佑)は、診断ミスをおかしてしまう。「自分は頭が良いから、ただ何となく医者になった」と伊集院登(小池徹平)に語り、研修医が全部の科を回る新しい研修プログラムを断る早川昭吾。
診断ミスから手術になったとき、朝田龍太郎(坂口憲二)は「お前の患者だ」と早川昭吾に執刀を命じる。
手術後に診断ミスを患者に謝罪する早川昭吾。患者は笑って早川昭吾を許す。
そのあと、早川昭吾は伊集院登に研修プログラム参加を申し出る。「もう5時だよ」という伊集院に、「まだ5時です」と早川は応えるのだった。

早川昭吾役の柄本佑は、役者の柄本明が父です。
学生運動の回のときも、息子の役者が父親の大学生時代を演じていましたね。

柄本佑の右耳にピアスの穴が3つ位あいてるのが、見ていて気になります。医大生らしくないです。
ハイビジョンでなければ見えないのでしょうけど。

時代劇でも、女優さんがピアスの穴を隠すのに苦労するそうです。
知人の女優さんも、「こんど時代劇に出演するので、まつ毛エクステを外す」と言ってました。
いろいろ見えない苦労があるものですね。

続きを読む
posted by ガンダルフ at 23:09 | Comment(0) | TrackBack(6) | テレビドラマ
2014年02月24日

『医龍4〜Team Medical Dragon〜 #07』の感想/映画見聞録 ※ネタバレ注意 #坂口憲二 #平幹二朗 #高橋克典 #稲森いずみ

伊集院登の婚約者、樋口美雪が「会いたい」と言い出し、父親がガンであることを告げる。

伊集院が桜井病院へ相談もなしに勝手に移ったことで美雪と修羅場になり、婚約解消か?というところまで行くかと期待したのに、美雪はあっさりと受け入れ、父親を桜井病院へ入院させる。

美雪の父親は、抗がん剤治療は受けたくないと言う。
母親をガンで亡くして、ずっと入院中の母親に付き添っていた美雪の姿を思い出し、美雪にまたあんな思いをさせたくないから、というのが理由。

患者さんのQOLとは何か?ということを考えさせられる展開でした。

伊集院が美雪と、もっとモメて、父親が助かることで仲直りして抱き合うという展開のほうが良かったと思うのですが・・・

そして、美雪の父親をL&P病院で手術をさせる代わりに、伊集院はL&P病院へ移動する、いやいや、それはあまりにも単純な展開というか、策略も何もなくて、有り得ないっしょ?

脚本家が代わったせいか、今回の医龍はおとなし過ぎる印象を受けます。

というか、佐々木蔵之介演じる藤吉圭介はどこへ行ってしまったの?第1話と第2話以降、姿を見ないんですけど?

続きを読む
posted by ガンダルフ at 22:27 | Comment(0) | TrackBack(6) | テレビドラマ
2014年02月22日

Janetterにアカウントを追加する、たったひとつの冴えたやりかた #Janetter

Twitterクライアント「Janetter」のPC版が現在Twitterのユーザー認証数上限に達し、アカウントの新規登録ができない状態が続いています。

これまで「Janetter」を使用していて、新しいパソコンに移行したり、Windowsを再インストールした場合にも新規登録は不可能な状態です。

Janetterにアカウントを追加する、たったひとつの冴えたやりかた #Janetter

今回は、Janetterの新規アカウントを獲得する「たったひとつの冴えたやりかた」を御紹介します。

続きを読む
posted by ガンダルフ at 03:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
2014年02月16日

金曜ロードショー『 #仮面ティーチャー 』の感想

劇場版公開に合わせて作られたと推測される『仮面ティーチャー』を見ました。

とても、薄っぺらい物語でした。

まず、不良3人組がシャツをズボンに入れている、そこに違和感を感じました。
不良であれば、シャツはズボンから出して腰パンで、ネクタイもゆるめて、開いたシャツからネックレスが見えて、耳やら唇やら眉やらにピアスをしているべきでしょう。
いっそのこと、顔にペイントも有りかもしれません。タトゥーも入れたほうがいいかな?

それで、仮面ティーチャーとの戦いを通して更正して、服装の乱れが直る、そういう流れにしたほうが良かったと思います。

それから、ヒロイン(?)の女子高生ですが、病院で鼻にチューブもつけてない、爪は長く伸びている、髪は整っているし、口紅もしてるようだ。本当に入院して意識不明の状態であれば有り得ません。
あと、母親も誰も付き添いがいないのも不自然です。
私が演出するなら、人工呼吸器をつけて、母親が付き添い、心臓の心拍数を測る機械も置きます。
無論、口紅はしないし、爪も切ります。

それと、屋上から転落する原因になった教師の名前を言わないのもおかしい。
かばう理由がどこにあるのでしょう?

それと、たった3人の不良だけで、職員室の先生全員を屋上まで連れ出せるとも思えない。
何十人も手下がいれば別ですが。

屋上にヒロインが来るのもおかしい。1ヶ月も意識不明だったら歩けないはずです。
それと、病院が意識不明から戻ったばかりで外出許可を出すはずがない。

色々とおかしな点が目立って、楽しめないドラマでした。
posted by ガンダルフ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
2014年02月13日

『医龍4〜Team Medical Dragon〜 #06』の感想/映画見聞録 ※ネタバレ注意 #坂口憲二 #平幹二朗 #高橋克典 #稲森いずみ

今回の話は手術シーンもなく、地味な展開のストーリーで、手に汗握るハラハラドキドキな展開とは程遠いものでした。
これでは中高生や20〜30代は、退屈で見ないでしょう。

桜井院長の無免許医疑惑は、ハーバード大学医学部で医師免許を取り、日本でも医師免許を取ったということで解決。
外国人医師は、日本では医師免許がないために診療行為を行えません。
TPPとか医療特区とか、そのためにあるのかもしれませんが。

というか、手術シーンもない、こんな地味な話では視聴率とれないでしょう。
第1話では、手術シーンも多くて、ワンパターンな展開ながら、退屈はしないストーリーでしたけど。

続きを読む
posted by ガンダルフ at 23:53 | Comment(2) | TrackBack(6) | テレビドラマ

#佐々木希 にまで飛び火した「寝坊騒動」 #田島優成 #木村佳乃 #杏

これじゃ、水谷パパもNGでしょ!? 21日に出演予定だった舞台「効率学のススメ」(東京・新国立劇場)に姿を現さず、公演が中止となる前代未聞の騒ぎを起こした俳優・田島優成(25)が23日、謝罪会見を行った。

田島は「深く反省しております。13時公演を19時と勘違いした。朝に一度目を覚ましたが、もう一度寝てしまった」と釈明。あまりに単純なミスだけに「プロ意識が欠けている」と散々な言われようだったが、芸能プロ関係者からは「田島の所属事務所トップコートはタレントを甘やかすことで有名。いつかこんなこと起きると思っていた」と事務所の責任問題までささやかれている。

佐々木希,にまで飛び火した「寝坊騒動」,田島優成,木村佳乃,杏,トップコート

事務所は木村佳乃(37)、(27)、佐々木希(25)らも所属する大手だが、田島の騒動は人気の佐々木にまで飛び火している。

ドラマや映画の仕事で佐々木希は、せりふを全く覚えてこないので有名。共演者やスタッフは『二度と一緒に仕事したくない』とうんざりだった」(同関係者)

佐々木希は演技が下手だと思っていたけど、台詞を覚えてこないのでは、元々ヤル気ないんじゃん!

続きを読む
posted by ガンダルフ at 16:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ

3年ぶり映画 #相棒 撮影現場で #水谷豊 が不機嫌な理由とは? #成宮寛貴 #及川光博 #テレ朝

4月に3年ぶりに公開される映画「相棒―劇場版」の撮影現場が、ピリピリムードだ。テレビ朝日系の「相棒」シリーズでは、主演の水谷豊(61)の歴代“相棒”が次々と交代し、そのたびに確執が取りざたされてきた。もちろんこれは、劇場版のキャストにも反映されるが、映画の現場では「2度あることは3度ある?」のムードが充満している。人気シリーズ映画の現場で一体、何が起きているのだろうか――。

3年ぶり映画 #相棒 撮影現場で #水谷豊 が不機嫌な理由とは? #成宮寛貴 #及川光博 #テレ朝

製作スタッフが明かす。「撮影が予定通りに進行するかは水谷さんの気分次第。気分が乗らないと『やりたくない』と言って中断するのは日常茶飯事です。全員が“水谷天皇”の顔色をうかがってばかりで、現場は今までになく大変です」

現在の3代目“相棒”の成宮寛貴(31)に交代した「season11」は視聴率も相変わらず堅調。最近の水谷の不機嫌の原因はどうやらその成宮だといわれている。

続きを読む
posted by ガンダルフ at 16:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
2014年02月12日

#新垣隆 先生に寛大な対処をお願いします。 #桐朋学園 大学宛、署名もうすぐ1万人! #佐村河内守

いきさつはどうあれ、『交響曲第1番《HIROSHIMA》』は、素晴らしい楽曲であると思います。

例えは悪いですが、親が犯罪者であっても子に罪はないというか。
音楽は、音楽としてそれそのものに対して評価すべきであると思います。

新垣先生に寛大な対処をお願いします。(Change.org)

佐村河内守氏のゴーストライター新垣隆氏が非常勤講師を退職願い出る 学生が退職反対署名活動で白紙に

続きを読む
posted by ガンダルフ at 14:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | テレビドラマ
2014年02月09日

なぜ、 #明日、ママがいない がダメなのか?理由はコモンセンスの欠如 #芦田愛菜 #家政婦のミタ

なぜ『明日、ママがいない』は放送打ち切りにしたほうが良いと考えるのか?
理由は、視聴者に共通するコモンセンス(常識)の欠如にあります。

思い返してみれば、『家政婦のミタ』も滅茶苦茶なストーリーでした。
でも、最終回視聴率は40%の大台に乗せ、スポンサーが下りることもありませんでした。

私自身も『家政婦のミタ』を楽しんで見ていた一人です。

家政婦のミタ』が批判を受けなかった理由は、視聴者の誰もが「このドラマはフィクションである」という共通認識を持てたからです。

女王の教室』にしても、「現実にこんな先生は存在しない。これはフィクションである」と視聴者が理解できたから、最終回まで放送できたのでしょう。

ですが『明日、ママがいない』の舞台となっている児童養護施設の実態を知っている視聴者は殆どいません。

現実とフィクションの区別のつかない視聴者がいるために、現実に学校でイジメが起きたりするのでしょう。
不特定多数が無料で視聴可能なテレビドラマとしては、児童養護施設の描き方が不適切であったと言わざるを得ません。

続きを読む
posted by ガンダルフ at 19:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | テレビドラマ
2014年02月07日

『医龍4 〜Team Medical Dragon〜 #5』の感想と視聴率/映画見聞録 ※ネタバレ注意

坂口憲二(37)主演のフジテレビ系連続ドラマ『医龍4 〜Team Medical Dragon〜』(木曜後10・00)の第5話が6日に放送され、視聴率が11・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが7日、分かった。初回は11・6%、第2話は12・8%、第3話は13・2%、第4話は12・3%で、5話までの平均は12・1%。

坂口演じる天才心臓外科医・朝田龍太郎率いる「チームドラゴン」の活躍を描く人気医療ドラマの第4弾。第3シリーズから3年、「世界か日本か?」をテーマに、理想の病院を作るために「チームドラゴン」が再結集する。第1期(06年)は初回14・1%、最高17・2%(最終回)、第2期(07年)は初回21・0%(最高)、第3期(10年)は初回16・4%(最高)を獲得したヒットシリーズの続編。

今シーズンは、これまでのシーズンよりも視聴率が落ちてますね。
役者の平均年齢が高くて、10〜20代の視聴者が見たがらないのではないか?という懸念があります。

稲森いずみもヒロインという感じではないし、朝田龍太郎を慕う片思いの若い看護婦などを出して、恋愛をストーリーに絡めたほうが、女性の視聴者が増えるかもしれません。
朝田龍太郎がストイック過ぎて、人間味がないのが視聴率を下げている一因かもしれません。

今回のストーリーでは、麻酔科医の荒瀬門次(阿部サダヲ)が、岡村征(高橋克典)によってL&P病院の院長に抜擢されるという、破天荒なストーリー展開になります。

荒瀬の指示があったとはいえ、難しい心臓手術を成功させた木原毅彦(池田鉄洋)って、やはり心臓外科医としての腕は良いのでは?

続きを読む
posted by ガンダルフ at 18:01 | Comment(0) | TrackBack(6) | テレビドラマ