スポンサードリンク
2014年06月17日

9万4000円のチャージが10万2200円に化ける!8200円分も得する電子マネーの裏ワザとは?

所ジョージのCMでおなじみの「au WALLET」が大人気だ。事前登録から約3週間で申し込み100万件を突破。予想を大幅に超える人気ぶりで、カードが手元に届くまで30〜40日かかるという。それに伴い、初回チャージ金額が10%増額となる「au WALLETチャージキャンペーン」の締め切りが、申し込み6月30日まで、初回チャージ期間9月30日までに延長された(変更前は初回チャージ期間6月30日まで)。

9万4000円のチャージが10万2200円に化ける!8200円分も得する電子マネーの裏ワザとは?

そんな「au WALLET」のキャンペーンやチャージの仕組みをうまく活用すれば、チャージ金額を最大8200円分増額させることができる賢い方法がある。まずは、「au WALLET」の仕組みについて、簡単におさらいしよう。

そもそもKDDIが提供するこの電子マネーサービスは、利用者にはクレジットカードのような「au WALLET カード」が発行され、世界約3810万(※)のMasterCard加盟店で買い物ができるのが特徴。ほかの電子マネーに比べて利用できる店舗が多い。クレジットカードと異なるのは、「au WALLET」は事前にカードに電子マネーをチャージ(入金)するプリペイド型ということ。発行手数料、年会費、審査が不要なのもクレジットカードにはない利点だろう(年会費や発行手数料がかからないクレジットカードもあるが)。

「au WALLETカード」へのチャージは、auかんたん決済、じぶん銀行、クレジットカード、auショップから行う。1回のチャージ上限は、auかんたん決済の場合は2万円、じぶん銀行、クレジットカード、auショップの場合は2万5000円。チャージできる上限額は、カード1枚で総額(残高)10万円までになっている。1か月使えば、どれだけお得なのかがわかるシミュレーター(http://www.au.kddi.com/au-id/au-wallet/pr/simulator/)が用意されているので、申し込み前に何となくお得感を知ることもできる。

では、気になる8200円分もうらための裏ワザはどうすればいいのか? それは、次の順番でチャージすることだ(この間「au WALLETカード」は一度も使わない)。

(1) 6月30日までに「au WALLETカード」を申し込むだけで、あらかじめ1000円チャージされたカードが発行される「au WALLETデビューキャンペーン」により、1000円が自動付与される(申し込み後2週間以内に付与)

(2) じぶん銀行経由で2万5000円×3回、7000円×2回、5000円×1回の順でチャージすれば、「じぶん銀行プレミアムキャンペーン」(1回5000円以上のチャージが月10回まで+5%に)で合計4700円分が付与される(チャージと同時に付与)

この時点でのチャージ金額の総額は、実際にチャージした94000円+付与された5700円で合計9万9700円。「au WALLETカード」のチャージ上限金額が10万円なので、これ以上はキャンペーンが適用されるお得なチャージはできない。

これだけでは5700円しか得にならないように見えるが、「au WALLETチャージキャンペーン」で、初回チャージ金額の10%が翌月末に付与されるので、さらに2500円分がもらえる(初回チャージの2万5000円の10%)。これで翌月末にはチャージ残高が10万2200円になる(チャージした94000円+付与された8200円)。これは「au WALLETチャージキャンペーン」の初回チャージの10%増額が、チャージ上限金額の10万円を超えても付与される仕組みを賢く使った裏ワザなのだ。ポイントは、6月30日までに申し込んで「au WALLETデビューキャンペーン」で1000円もらうこと、初回チャージ金額の10%が増額される「au WALLETチャージキャンペーン」を使った初回チャージは、「プレミアムチャージキャンペーン」が適用される、じぶん銀行経由で必ず上限2万5000円にすることだ。

これだけで、9万4000円のチャージが翌月末には10万2200円に化ける。ぜひ、この裏ワザでお得に「au WALLET」を活用してみてはどうだろう。
posted by ガンダルフ at 16:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | テクノロジー
スポンサードリンク


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
tag

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック