スポンサードリンク
2014年05月08日

僕が君で、君が僕で #小説

 どこにでもいる高校生・小鳥遊悠介(たかなしゆうすけ)は、ある朝、交通事故に遭って死んでしまった。
 病院で目が覚めた小鳥遊悠介(たかなしゆうすけ)に、医者が鏡を見せる。
 鏡に写っていたのは美少女だった。
 両親の同意のもと、内臓破裂状態で死にかけてる悠介の脳は、脳死状態で植物人間の美少女・指宿栞奈(いぶすきかんな)の身体に移植されてしまったのだ。

僕が君で、君が僕で
posted by ガンダルフ at 00:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | エンタメ
スポンサードリンク


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
tag

※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/396499286

この記事へのトラックバック