スポンサードリンク
2008年04月21日

インターネット高速化・MTUとRWINの設定方法・回線速度向上

一度に送信するデータの最大値“Maximum Transmission Unit”(MTU)や、一度に受信するデータの最大値“TCP Receive Window”(RWIN)を適正な範囲で大きく設定することで、回線速度を向上できます。

まず最初にパソコンのインターネット接続速度を測って下さい。

USENスピードテスト
http://www.usen.com/speedtest/top.html

URLを入力するか「USENスピードテスト」で検索して下さい。いくつでしたか?

ちなみに、うちのパソコンで計測すると、

回線速度向上
NTTフレッツ光やRAMドライブやレジストリ変更などを試みた結果、現在は超高速です。

試行錯誤した結果、71.423Mbpsの超高速通信が可能となりました。
光回線100Mと広告していても、光回線を引いて接続して工事の際に計測して、実測は最大で80Mほどですから、セキュリティーソフトを通したうえで70Mを超えるのは、ほぼ限界値といえます。

設定前にあらかじめ、復元ポイントを作っておいて下さい。

WindowsVistaとWindows7における設定方法

WindowsXPを使用している方は必要ありませんので、ここは読み飛ばして下さい。

WindowsVistaやWindows7では、OS側の設定でRWINの値が自動設定されてしまいます。
この設定を変更して最適化します。

コマンドプロンプトは「管理者」として実行する必要があります。

Windows7 で 簡単 に Administrator を 有効 にする方法

スタートメニュー→すべてのプログラム→アクセサリー→コマンドプロンプトを右クリックして「管理者として実行」をクリックします。

netsh interface tcp set global autotuninglevel=highlyrestricted

上の文章をコピーしてコマンドプロンプトに貼付けます。貼付け時に「CTRL+V」は使えないので、マウスを右クリックして「貼り付け」て下さい。貼り付けたら「ENTER」キーを押します。

コマンドプロンプト上で、OKが出たら次に、

netsh interface tcp set global congestionprovider=ctcp

上の文章をコピーしてコマンドプロンプトに貼付けて「ENTER」キーを押します。OKが出たら設定完了です。

コマンドプロンプト上で、

netsh int tcp show global

と入力か貼り付けて「ENTER」を押せば、現在の回線設定状況が判ります。

設定を終えたら、コマンドプロンプト右上の「×」をクリックして閉じて下さい。

以下のWindowsXP用の設定は、WindowsVista,Windows7では使えません。

WindowsXPの方は、以下を設定して下さい。

インターネット高速化のために必要なフリーソフト(無料ソフト)を「窓の杜」からダウンロードして下さい。

EditMTU
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/editmtu/

このソフトを使うと自動で適切な値を設定できて、インターネットを高速化できます。

EditMTUの使い方
http://hp.vector.co.jp/authors/VA022090/editmtu/

窓の手
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se049651.html

「窓の手」のネットワークでも設定できます。
ちなみに、光ファイバーのうちの設定値はこうなってます。

MTU=1454  RWIN=256000  TTL=128

それぞれのパソコンの環境によって値は変わってきます。
基地局からの距離やADSL、光ファイバーなどの接続方式、パソコンやハードディスクの速度等によって適正な値が変化します。

「窓の手」で設定可能なコネクション数の上限=ie(2)

HTTP 1.1 Server = 16
HTTP 1.0 Server = 16

コネクション数を変更してデータの通り道を太くする必要があります。

EditMTUでMTUとRWINの適正値の設定を終えたら、もういちどUSENスピードテストを試してください。
どれくらい高速化できましたか?
posted by ガンダルフ at 16:58 | Comment(14) | TrackBack(0) | Windows高速化
スポンサードリンク


この記事へのコメント
スピードテストで測定したところ、倍以上速くなりました!
ありがとうございます!
Posted by パソコン初心者 at 2009年08月03日 22:00
Win7ユーザーです。
最初の数値は22でスカイプ等でも時々切れる等、光回線で有線のデスクトップとは思えない程酷い回線でしたが、この設定で数値が44と、倍になりました!
スカイプ等でのデータ送信も短くなりました!
Posted by マンション版光回線ユーザー at 2014年08月21日 21:04
Vista ユーザーです。
上記の最適化教えて頂き、ありがとうございました。

コマンドプロンプトを使って、元へ戻す方法を教えていただけませんでしょうか?

Posted by 山中 真司 at 2014年10月29日 01:27
逆に下がった
Posted by ゆき at 2015年01月10日 22:54
ほんとあり得ない
Posted by ゆき at 2015年01月10日 22:56
ふざけんな
Posted by ゆき at 2015年01月10日 23:11
http://speedup-xp.com/win7org/61.html

これ理解すれば、戻せるよ^^
Posted by PC初心者 at 2015年02月01日 06:31
ゆき五月蝿い死ねよ
Posted by ゆきこ at 2015年04月28日 05:20
荒らしやめましょう
荒らしへの誹謗中傷やめましょう
Posted by カーデ at 2015年05月11日 22:07
USENのスピードテストでは若干遅くなりましたがこれまで使ってきた別サイトでスピードテストをしたところ、メーターが振り切りました。

多分潜在的に早くなったと思います
これまでは
↓100 ↑50  位に対し
入力後
↓240 ↑90

プロトコル6を外したことで
↓300m ↑142m 

こんなに変わると思いませんでした
ようやくフレッツを使っている実感がわきました。
Posted by そしてなにより速さが足りない at 2015年06月02日 17:47
僕も気持ち下がった感じかな・・・
まぁ誤差の範疇なのかもしれないんだけど
Posted by 紳士 at 2015年06月10日 21:38
なんかよく分からんけど試してみたら数字は大きくなりました!!すごい
Posted by PCユーザー at 2015年06月29日 22:49
逆に下がりました
やらなきゃよかった
Posted by - at 2016年02月20日 13:51
変わらなかった。
もともと Wi-Fi の状態が悪いだけなので、パソコンをいじっても変化はない。
Posted by あああ at 2016年05月26日 17:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
tag

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック