スポンサードリンク
2008年05月05日

カンブリア宮殿・安全安心の有機野菜に主婦殺到!株式会社大地・藤田和芳社長

村上龍・小池栄子司会のテレビ東京『カンブリア宮殿』。
今回は株式会社大地・藤田和芳社長の登場です。

大地・藤田和芳

藤田 和芳 (ふじた・かずよし)
大地を守る会会長。岩手県の稲作農家の次男として生まれ、高校卒業まで郷里の岩手県で育つ。上智大学法学部卒業後、出版社勤務。1975年、任意団体「大地を守る会」を設立。1977年、大地を守る会の理念のもとに有機農産物の流通を作り出していく「株式会社 大地」を設立。

藤田和芳社長は、安全安心の有機野菜の通信販売を軸に業績を伸ばし、2007年にニューズウィーク日本版で“世界を変える企業家100人”に抜擢されるなど、世界からも注目を集めています。


新物が加わり美味しさアップ!何度もお試し有機野菜ミニセット(米粉食パン付き)【送料無料】


【製法特許】野菜の水分だけで練り上げた本物の野菜パン-五菜- エブリタイムセット

番組内で加工食品の工場が紹介されてましたが、原産地を表示しなくてよい加工食品は安い中国産の材料を使っていて、残留農薬とか心配ですね。
それと加工食品の工場では、様々な食品添加物を使っていて、豚肉を柔らかくして量が30%増えたように見せかける食品添加物もあり、工場で働いてる社員が「うちの工場で作った加工食品を、自分の子供には食べさせたくない」と話している姿は衝撃的でした。「恥を知れ」と言いたいですね。豚肉の加工は「業界では常識」だそうで、ほとんどの冷凍食品のトンカツなどはそうした処理がされてるそうです。怖い現実です。

BSE、残留農薬、食品偽装…いま“食の安全”に対する関心が高まっている。一方で、こんな問題もある。「日本の食料自給率はカロリーベースで39%」もはや、海外から輸入される食材に依存せずには成り立たないのが現状だ。こうした中、安心・安全な国産食料を提供して成長を遂げている企業がある。それが、大地。「農薬の危険性を100万回叫ぶよりも、1本の無農薬の大根を作り、運び、食べることから始めよう」藤田和芳は1977年、有機野菜の生産・流通・販売するビジネスを起業。消費者会員8万5000人、生産者会員2500人にまで拡大した。「安全・安心」を売る藤田に、村上龍が問う!


送料一律500円の【一般購入】おいしセット-無農薬・減農薬・有機野菜12品選び放題-


【製法特許】5種類の野菜がたっぷり!-五菜- ピクニックセット
posted by ガンダルフ at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | お取り寄せグルメ
スポンサードリンク


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
tag

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック