スポンサードリンク
2009年05月04日

ドスパラのゲームパソコンのベンチマーク速度に驚く!

ドスパラゲームパソコンPrime Galleria ZX』のベンチマークを見てきました。

最初のキッカケは『ラスト レムナント(THE LAST REMNANT)』のベンチマークを走らせたところ、30fps(Frame Per Second)位の値しか出なくて、ゲームを遊べないことに気付いたからです。
ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!!

そのため、秋葉原のドスパラ(DOSPARA)本店に行って『ラスト レムナント(THE LAST REMNANT)』のベンチマークを実際にゲームパソコンPrime Galleria ZX (プライム ガレリア ZX) 』で走らせて計測してもらったところ150fps超えました!
||||||||||凹[◎凸◎;]凹||||||||||ガビーン!

うちのパソコンは3年くらい前に自作してその当時は最速を誇っていたのですが、たった3年でドスパラゲームパソコンと比較して速度が5倍も劣るとは・・・。
ショックです。自作パソコンを組み立てるのに25万円くらいかかったのに。

マザボとCPUとグラボを単体で買って、現在の自作パソコンをパワーアップする計画も立てましたが、高い!
価格.comで調べて、どう見ても考えてもパーツを買い揃えるよりもドスパラゲームパソコンPrime Galleria ZX (プライム ガレリア ZX) 』を買う方が安い!

CPU水冷についても以前は水を足したりしてましたが、最近は完全密封形式でメンテナンスフリーにんってるそうです。
時代の進化に驚きです!流石21世紀!

うちのグラボは2世代前のGeForce 7800GTXでシェーディングの進化についていけてなくて対応していないことがfpsの伸びない原因のようです。
オンラインゲーム(MMORPG)で遊ぶ時も速いに越したことはありません。

最近は真剣にドスパラゲームパソコンPrime Galleria ZX (プライム ガレリア ZX) 』を検討しています。

ドスパラGalleria ZX

Prime Galleria ZX (プライム ガレリア ZX)

最新 CPUインテル® Core™ i7-920 プロセッサー4コア + ハイパースレッディング・テクノロジーで論理 8 スレッドの処理が可能

Galleria ZX
ドスパラ特価(税込) 144,980 円

Galleria ZX 水冷モデル
ドスパラ特価(税込) 154,980 円

8,000 円で SSD 追加、または 1TB ハードディスクプレゼント!!

Core i7 水冷モデル ついに登場!!
メンテナンスフリーの新型CPU水冷システム搭載。詳細はこちら>>

■インテル Core i7 プロセッサー 920 (クアッドコア/2.66GHz/L3キャッシュ8MB/QPI 4.8GT/s )
■CPU水冷システム搭載
■インテル X58 Express チップセット 搭載 ATXマザーボード
■3GB メモリ (DDR3 SDRAM PC3-8500 / 1GB×3 / トリプルチャンネル)
■1TB ハードディスク (1TB×1 / シリアルATA II)
■DVDスーパーマルチドライブ(DVD±R×18/ DVD-RAM×12/ DVD2層書込み対応)
■NVIDIA GeForce GTX285 搭載ビデオカード(1GB / PCI Express2.0)
■Windows XP Home Edition 搭載

うちの自作パソコン

AMD64X2自作パソコン
posted by ガンダルフ at 10:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自作パソコン入門
スポンサードリンク


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
tag

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック