スポンサードリンク
2011年05月29日

Skypeの不具合を修正する方法とは?

昨日、Skypeで友人と会話しようとしたところ、発信するとSkypeが停止してしまい、電話できません。
そのため、コントロールパネルの「プログラムの追加と削除」からSkypeを削除して再インストールしましたが結果は同じ。

水着女子

Skypeで相手に発信しようとすると、Skypeが落ちてしまいます。

どうやら、他にも「Skypeにログインできない」「Skypeにサインインできない」「Skypeで画面共有できない」といった不具合が頻発していたようです。

Skype不具合の修正方法を調べたので掲載します。Skypeの不具合は「shared.xml」というファイルが原因のようです。
「shared.xml」を削除し再度起動することで、不具合が解消されます。
その手順は以下の通りです。

Windowsの場合

1.画面右下にあるSkypeアイコンを右クリックして、Skypeを終了する

2.Windowボタン + 「R」を押して、「ファイル名を指定して実行」を起動する

3.「%appdata%\skype」を入力して「OK」を押す

4.shared.xml ファイルを削除してSkypeを再起動する

shared.xmlが見つからない場合には、「ファイル名を指定して実行」を呼び出し、そこに「control folder」入力しOKをクリック。するとフォルダオプションが現れるので、「表示タブ」の「ファイルとフォルダの表示」をすべてを表示する設定に切り替える。そして1〜4の手順を行う。
 
Macの場合

1.Skypeを終了する

2.Finderを開く

3.shift + command + Gキーを押す

4.「~/Library/Application Support/Skype」と入力しEnterを押す

5.shared.xml ファイルを削除してSkypeを再起動する
posted by ガンダルフ at 12:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピューター
スポンサードリンク


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]
tag

※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック