スポンサードリンク
2013年12月31日

『アウトロー』の感想 トム・クルーズ、ロバート・デュヴァル/映画見聞録 ※ネタバレ注意

トム・クルーズ扮するジャック・リーチャーの映画『アウトロー』を観ました。

映画の予告編で派手に暴れまわってるジャック・リーチャーの車(カマロ)は、ジャック・リーチャーの所有車ではなく、車の出るカーチェイスのシーンも短くて残念でした。

それにしても、映画に出てくるアメ車は、どうしてこうどれもこれもエンジンのかかりが悪いのでしょう?
いつも主人公が敵に追われる場面で、車のエンジンが一発でかかりません。
日本車ならエンジンは一発でかかるのに。

それと、映画の中のアメリカ車はやたらと頑丈です。高いところからジャンプしてもダンパーは壊れないし、自動車や何やら障害物に次々とぶつかっても壊れずに走り続けます。

もし日本車であれば、車がつぶれて衝撃を吸収して運転者を守る構造になっているものもあるし、ぶつかったらエアバッグが開くと思います。

随分おじいさんになったロバート・デュヴァルが出演してラストシーンでライフル(狙撃銃)をぶっぱなしているのは面白いと同時に、もっと若い役者さんでも…、と複雑な想いでした。

『ミッション・インポッシブル』シリーズのように派手なアクションもないし、予告では『法律なんて無視のアウトロー』みたいな宣伝文句でしたが、実際に映画を見てみると、緻密な捜査で証拠や証言をあつめて推理した結果、容疑者は無罪という仮説を立てているし、観る前のイメージと違い、(トム・クルーズとしては)地味な映画という印象を受けました。

どうせなら、推理ものに徹するか、アクションに徹するか、どちらかに決めた演出にしたほうが良かったように思います。

ヒロイン?の女弁護士も、いまいちサエないし、恋愛にもならないし、気の利いた台詞もないし、ごく普通の演技だけで泣き叫ぶシーンとかもないし、あまり魅力を感じられませんでした。

期待した割には、意外とたいしたことない映画だったという印象です。
posted by ガンダルフ at 13:19 | Comment(0) | TrackBack(2) | 映画

『最強のふたり』の感想/映画見聞録

フランス映画の『最強のふたり』を見た。

まるで貴族のような金持ちの障がい者を、スラム街に住んでいた黒人が世話をする話だ。

その黒人が面接を受けに行った理由は、失業手当が欲しかったから。

しかし、その障がい者のお金持ちの男性は、その黒人を雇うことにする。

理由は、「自分を特別扱いしないから」。

住んでいる世界の違いから、様々なカルチャーショックをお互いに受ける。

生まれも育ちも違う二人の間に芽生える奇妙な友情。

それも実話に基づいた映画だそうだ。

ハートウォーミングな映画だった。良い映画だ。
posted by ガンダルフ at 00:53 | Comment(0) | TrackBack(2) | 映画

永遠に解けない謎

ふと思った。自分の人生の瀬戸際に、あとに残された者が永遠に解けない謎を残すというのは面白いアイデアではないだろうか?

たとえば、遺産を地下に埋めた座標を暗号にして残すとか。

エニグマを使えば、簡単に座標を暗号化できる。

あるいは、何らかの詩とか、絵本とかに遺産の隠し場所を残すとか。

べつに遺産でなくてもいい。「この謎を解けば、何かが判る」。

判る何かは何でもいい。マクガフィンだ。
posted by ガンダルフ at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2013年12月30日

バベルの塔

インターネットで世界中が繋がれば、お互いの国民同士の交流が進み、庶民レベルで共通認識が生まれて、世界が平和になるかと思ったら、何も変わらない。

例えば、確かに今でもTwitterでアメリカ人やドイツ人やフランス人やトルコ人、中国人、韓国人、インド人、ブラジル人、様々な人々と会話が出来る、交流を持てる筈なのに、どこの国も自分の国の国民とだけ交流して、他国の国民と交流を持とうとする人は少数派だ。

好奇心がないのか?日本人も韓国人も中国人も英語が下手だが、ヨーロッパでは比較的、英語を話せる人が多い。でも、積極的な交流には結びついてない気がする。一体、なぜだろう?

庶民レベルでの交流が深まれば、相互理解も進んで、戦争や紛争は減るか無くなるのではないだろうか?

たとえば、仲のいい親友と殺しあおうとは思わないだろう?

戦争とは、相手の名前も知らない者同士がコロし合う愚かな行為だ。

もしも、世界中の皆が仲良くなってしまえば、戦争も紛争もテロも起こらないのではないだろうか?

世界中を繋ぐインターネットというツールを人類は手にしたのに、なぜ、人間同士が繋がらない?

バベルの塔の呪いだろうか?それが不思議でならない。
posted by ガンダルフ at 20:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・社会・経済

進撃の巨人の感想。漫画・アニメ。リヴァイ兵長 ※ネタバレ注意

漫画『進撃の巨人』が大人気で、累計3700万部突破だとか。
関連商品やアニメ化でも印税が入ってくるし、どれだけ儲かっているのだろう?
『進撃の巨人』作者の諫山創は、まだ27歳だそうだ。
20代で億単位の貯金があるというのは、どういう気分なのだろう?

まぁ、そんなことはどうでもいい。私は『進撃の巨人』の御都合主義が嫌いだ。

主人公のエレンが巨人に食われて死んだと思ったら、巨人になって甦るし、アニ・レオンハートを捕まえたと思ったら、訳の判らないクリスタルみたいなもので包まれて接触できないし。
数々の御都合主義に満ちていて、科学的説明のつかないことばかり。そこが気に入らない。

私はSFというのは、現在の科学の延長上にあるもので、それと科学が間違った方向へ行ったときに、どんな恐ろしい結果が待ち受けているか?ということを描くのが正統派SFだと考えている。

『進撃の巨人』は、私の考えるSFの定義とは真逆の存在である。

大体、巨人の設定って、一体なんだ?
人間はどうしてテクノロジーを忘れて、中世に逆戻りしてるんだ?
というか、ゾンビ映画のゾンビを巨人に置き換えただけじゃないのか?

キャラとしては、リヴァイ兵長がいい。女型の巨人も好みだ。超大型巨人は不気味すぎる。
ミカサ・アッカーマンも、なかなかかっこいい。
アルミン・アルレルトは、主人公のくせに影が薄くないか?

あと漫画家として、諫山創は絵が下手だと思う。
諫山創よりも絵の上手い漫画家はたくさん居る。
同人誌作家でも、諫山創よりも絵の上手い人は大勢いるに違いない。

アニメについても気にくわない点がたくさんある。

まず、原作者の絵の下手なところ(服のシワの描き方が下手とか)までも再現してしまっている。
アニメーターのほうが絵が上手いんだから、わざわざ作者の絵の下手な部分まで再現する必要性がない。

それと、アニメで主線(輪郭線)を太くする効果を使っている。
漫画家は、絵に迫力を出す目的で線に強弱をつけて太くしたりしている。
だが、アニメではその強弱を上手く表現できていない。

それは当然だ。基本的にアニメは単一の太さの1本線で描くものであり、輪郭線に強弱をつける描き方はアニメの主流ではない。アニメーター自身が慣れてない、しかも手間のかかる描き方をして、完成されたアニメの絵には迫力がない。線が死んでいる。ただ主線を「太くしました」というだけで、メリハリがない。
漫画のGペンの線の強弱による絵の迫力を全く表現できていない。手間をかけるだけ無駄な作業となってしまっている。

アニメは通常、輪郭線を鉛筆の1本線で表現するが、『進撃の巨人』のアニメの作画では、原画で輪郭線を2本にして、その狭い隙間を彩色担当が黒く塗りつぶしていくという手間のかかる作業をしている。

これで、アニメで描かれた絵に(輪郭線の強弱に因る)迫力が出ていれば、まだ労力は報われるが、ただ輪郭線が太くなっているだけで、線の強弱を表現できていないので、全く無駄な作業となっている。
それが気に入らない点だ。
posted by ガンダルフ at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画

ヤフオクが1月6日振込み?遅過ぎ!楽天銀行

ヤフオクで昨夜の深夜10時頃に商品を落札したのだけど、今日の昼間は振込みを忘れていて、今日(12月30日)の午後4時過ぎに、楽天銀行からみずほ銀行へ振込みをしたら、みずほ銀行へヤフオクの代金が振り込まれるのは1月6日だそうだ。(゚Д゚) ハア??

正月に映画のブルーレイをヤフオクで落札したスピーカーで視聴しようと思っていたのに、どんだけ遅いんだよ?
何がネット銀行だよ?意味ないじゃん?

諦めきれずに、出品者に入金した証拠画像をキャプチャーして送って、1月6日前に発送して欲しいと取引ナビで呼びかけてみたけど、断られた。ムカつく!

色んなことにムカつく!1月6日という振込みの遅さも、出品者の対応も、というよりもむしろ、年末年始の休みにムカつく!

5月のゴールデンウィークにもムカつく!
銀行や役所や病院や様々な会社が休みで使い物にならない。
用足しをしようとしても出来なくて、休み明けまで待たされてイライラする。
長期休みなんて、なくなればいい。
少なくとも、ネット銀行位は人手も要らないんだから年末年始もGWも営業していれば便利なのに。

もしも、昨日の夜10時過ぎの落札された直後に振込していたら、今日、相手に入金されたのだろうか?
楽天銀行のサイトを見ても、年末年始休業期間について何のお知らせもないようだ。三木谷め〜!

以前、同じヤフオクで、こちらがまだ入金してないのに、土日を挟んで商品の到着が遅くなるから、代金を振り込む前に発送してくれた出品者もいたことを思い出す。

この出品者は、ホスピタリティーが低いぞ。やれやれ、困ったものだ。
posted by ガンダルフ at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

僕は笑わない

チンパンジーが笑ったように見える表情は、実は『恐怖』を表現した表情らしい。

人間も、相手が怖いから笑うのだろうか?

笑顔で相手の緊張を解きほぐして、少しでも恐怖を減らす為に作り笑いをするのだろうか?

私は恐怖を感じない。いつ死んでも構わないと思っている。

それは、これまでの人生で何度も死にかけた体験があるからだ。

自慢にならないが、これまでの人生で9回、救急車に乗っている。

半年以上の入院が2回、人生で合計して2年以上を病院のベッドの上で過ごしてるのではないだろうか?

無知が恐怖の原因だ。お化けも死も知らないから怖いと思う。初めてプールで泳ぐときに恐怖を感じなかっただろうか?

私は何度も死にかけた体験がある。だから、死というものがどういうものか大体、想像がつく。

死を知っているから、死が怖くない。

自分から積極的に死のうとは思わないが、いつ死んでもいいという覚悟は出来ている。

だから、恐怖を感じない。だから、笑わない。
posted by ガンダルフ at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2013年12月29日

『ゼロ・グラビティ』の感想/映画見聞録 ※ネタバレ注意

『ゼロ・グラビティ』前評判が良かったから観に行ったんだけど、いまいちでした。

これには、多分に自分自身の宇宙への知識が影響しているかもしれません。

ライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)と宇宙飛行士マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)の主演が二人だけという、珍しい映画です。

『ゼロ・グラビティ』の不満点

1.スペースシャトルは2011年に退役している。

2.ハッブル宇宙望遠鏡の修理は、2009年5月11日に完了している。

3.ISS国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士全員を、たった1機のソユーズ宇宙船で地球に帰還させることは不可能。ISS滞在は6名、ソユーズ宇宙船の乗員は3名。

4.ISS国際宇宙ステーションと中国宇宙ステーションの座標上の位置が近過ぎる。飛行機で言えばニアミスの距離。こんなに近い軌道に存在する訳がない。

5.中国は常設型宇宙ステーションを所有していない。

とまぁ、宇宙に少しでも知識がある人であれば、設定が滅茶苦茶ということに、すぐ気付く訳で…。

そして、ストーリー上も、宇宙飛行士マット・コワルスキーの諦めが早すぎる。
宇宙は無重力なのだから、自分の身体の重さが負担になるはずがないのに、あっさりと自分でベルトを外してしまう。もっと、生への執着を見せて、もがいてあがいて欲しかった。
あれでは、まるで自殺志願者のような行動だ。

ライアン・ストーン博士を演じるサンドラ・ブロック、一時はハリウッドで最も出演料の高い女優と言われたけれども、自分の目から見ると決して演技の上手い役者さんではないと思う。
少なくとも、『演技派女優』という肩書きは、サンドラ・ブロックには似合わない。

宇宙空間の無重力の描写は確かに凄かった。本当に宇宙空間で撮影したのではないかと思えるほど、CG特殊効果は良く出来ている。

ただ、ストーリーと呼べるほどのストーリーもない。

教訓もなければ、ラストにカタルシスを感じるシーンもない。

カタルシスを感じないのは、サンドラ・ブロックの演技力不足に因るものか、ジョージ・クルーニーが序盤であっけなく死んでしまう後味の悪さから来るものか?

ともかく、前評判が高かった割には、あまり楽しめる映画では無かった。
設定におかしな部分が多過ぎる。少なくとも、自分が監督なら、こんな映画は撮らない。
posted by ガンダルフ at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

気の合わない人

職場や学校で、どうしても気の合わない人がいる。

話を聞くと、誰でも一人や二人、そういう気の合わない人はいるらしい。

でも、自分の場合は何か根本的に違うような気がする。

自分が気にもとめてない、何とも思ってない、口論になったこともない相手から、いつのまにか親の敵のように憎まれて、嫌われていることがよくある。

困るのは、その理由がわからないことだ。

理由が判れば改善の仕様もあるのだが、理由がわからないことには、もしも自分に落ち度があったとしても直しようがない。

だからといって、判らないことを気にしても時間の無駄なので、考えないことにする。
posted by ガンダルフ at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

白昼夢

今日、不思議な少女に出会った。
マンションの近くを散歩していると、後ろから「すいません、すいません」という声がする。
最初は、私のことではないと思いシカトしてたのだが、あまりにもしつこいので振り返ると、4〜5歳くらいの幼女が独りで立っていた。周りに親の姿もない。

それで「一緒にお花を探してくれ」と言う。
なんでも、母親が外に行って「きれいなお花をつんできなさい」と言ったらしい。

まるで、キツネにつままれたような話だ。

まず、なぜそんな小さな女の子を独りで外に出す。
しかも、春や夏ならまだしも、真冬に花が咲いてるはずもない。

それに、私だから良かったようなものの、変な人に声をかけたら誘拐されてしまうのではないだろうか?

仕方ないので、その幼女を連れて公園に行ってみたが、当然、花なんて1本もない。

やむを得ず、自分のマンションに戻り、黄色のパンジーをコンビニの袋に詰めて、一鉢あげた。

その子が、何も言わずに帰ろうとするので「ちゃんとお礼を言うんだよ」と注意した。

その子は「ありがとう。バイバイ」と言って、帰って行った。

全体に笑顔のない暗い感じの子だったが、素直そうではあった。
服装も今年買ってもらったような赤いダウンジャケットのようなものを着ていて、特に貧乏そうにも見えなかった。

こんな出来事は生まれて初めてだ。正直、意味がわからない。
posted by ガンダルフ at 02:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
2013年12月10日

2013年の大コケ映画トップ10/映画見聞録

1. 『ザ・フィフス・エステート(原題)』(ベネディクト・カンバーバッチ主演)
2. 『バレット』(シルヴェスター・スタローン主演)
3. 『パラノイア(原題)』(ハリソン・フォード、ゲイリー・オールドマン主演)
4. 『PARKER/パーカー』(ジェイソン・ステイサム主演)
5. 『ブロークンシティ』(マーク・ウォールバーグ、ラッセル・クロウ主演)
6. 『バトル・オブ・ザ・イヤー(原題)』(ジョシュ・ホロウェイ主演)
7. 『ゲッタウェイ(原題)』(イーサン・ホーク主演)
8. 『ピープルズ(原題)』(クレイグ・ロビンソン、ケリー・ワシントン主演)
9. 『ゴースト・エージェント/R.I.P.D.』(ジェフ・ブリッジス、ライアン・レイノルズ主演)
10. 『グリフィン家のウエディングノート』(ロバート・デ・ニーロ、ダイアン・キートン、アマンダ・セイフライド主演)
posted by ガンダルフ at 04:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画
2013年12月09日

ヤマダ電機の情弱向けぼったくりサービスが酷い!

ヤマダ電機の情弱向けぼったくりサービスが酷い!

テザリング設定するだけで、3800円とか、
ぼったくりもいいとこ!
posted by ガンダルフ at 22:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | コンピューター
2013年12月06日

恋愛のおもひで

小中高といじめられた。

恋愛のおもひで・日記

苛められた理由は、ごくつまらないことで、自分自身の肉体的欠陥に因るものだった。
それが理由で恋愛もうまくいかなかった。

いつもどこでも集団に馴染めなくて、人間不信に陥った。

自分のことが、ずっと嫌いだった。会った誰からも必ず嫌われる自分をどうして好きになれるだろう?

大学に進むとき、1年浪人した。そのときの毎日が楽しくて仕方なかった。
学校へ行かなくても良いこと、クラスメートに会わずに済むこと、一人でいることが寂しいよりも楽しかった。

よく考えてみれば、学校でも友達がいなくて孤独だった。そして苛められる毎日で、いつもマイナスの日々を送っていた。

浪人して一人になったら、苛められなくなった。孤独であることは、学校にいても同じだったから、苛められなくなった分だけプラスになったと言える。

浪人はニートと、殆ど変わりない。人生においてはゼロの状態だ。だが、マイナスからゼロになれば、そのぶんだけプラスだ。だから嬉しかったのだと思う。

プラスの人生とは、どんなものだろう?
自分で働いて収入を得て、持ち家と車を持っていて、奥さんと子供のいる生活かな?

集団に馴染めない=集団から拒絶される醜い自分にプラスの人生なんて望みようがない。

その事実に気付くのが遅かった。

自分の外見の醜い部分は、何度か手術を繰り返して治した。
そうしたら、友達が出来るようになった。
でもまた、醜い自分に戻ったら友達は離れていくのだろうか?まだ人間不信は治らない。

苛められてばかりきた自分に、楽しい思い出は殆どない。嫌な思い出ばかりだ。

好きな女の子と一緒に過ごした時間は楽しい思い出の筈なのに、その女の子を嫌いになった途端に、それまで楽しかった筈の一緒に過ごした思い出が、グロテスクでおぞましい、唾棄(だき)したいモノへと急変してしまう。

楽しかった筈の思い出が、失恋した途端に鼻をかんだティッシュのゴミ屑のように無価値な記憶へと変貌してしまう。もはや何の価値もない。

というか、一緒に過ごした思い出の価値が、台所の三角コーナーの生ゴミと同レベル。

あんな嫌な奴と一緒にいた思い出が楽しい訳もなく、記憶の引き出しに入れて鍵をかけて封印するしかない。

思い出しても、嫌なだけで時間の無駄だからだ。

結果的に、自分の人生には楽しい思い出が殆どない。
タグ:恋愛 日記
posted by ガンダルフ at 02:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記